人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

水上バスに乗って・・・隅田川・お台場コース

このところ旅先の松島湾で
秋のお彼岸の墓参りの帰りに横浜港のシーバスで
潮風に吹かれてほんのつかの間のクルージング。
それがとても楽しかったので今回は友人を誘って水上バスで東京散歩!

ずいぶん前にも乗ったことのある浜離宮から
b0066502_1685252.jpg

後ろは汐留のビル群。
浜離宮の緑と青い浮き桟橋。


b0066502_16132271.jpg

3時45分発の水上バス、その名も竜馬(^^♪
英国カラーと思ったけれどこのごろの船にしてはクラッシック。
大いに気にいりました。
船長さんも若くってハンサム!(^^)!
程よい混み具合でとても快適。船尾の展望デッキに陣取ってさぁカメラを構えて・・・

b0066502_16173948.jpg


b0066502_1618534.jpg


b0066502_16183450.jpg

隅田川のコースは別名 橋めぐりとも呼ばれて10あまりの橋の下を通りました。
どの橋もなじみのある名前・・・・
勝鬨橋、佃大橋、中央大橋、永大橋、墨田大橋、新大橋、両国橋、蔵前橋、厩橋、駒形橋、吾妻橋、言問橋。

b0066502_1619612.jpg


両国近くでしたか・・・水辺のギャラリー

b0066502_16194047.jpg


レインボウブリッジも見えて・・・
車では時々通るのですが望遠は初めて・・・
川崎方面でしょうかクレーンがキリンのように見えて愉快~
b0066502_1632962.jpg


5時少し前、目的地の浅草に着きました。
仲見世どうりを歩いて今日の無事を感謝しながらお参り。
b0066502_16324452.jpg


六本木や新宿、渋谷などの目覚しい変貌振りは驚きながらも見慣れた風景となってきてましたが、水辺の街の大々的な開発には、また新たな驚き。
知っているようで知らない・・・そんなところがまだまだ一杯。
by may158 | 2007-10-10 16:25 | 都内で | Trackback | Comments(6)

都心で・・・ヒガンバナ

10月5日
日比谷で友人が 裂絵 の個展を開くというので初日いつもの花仲間と見に行きました。


その後は皇居の周りをお散歩。
二重橋の向こうにヒガンバナが見えました。
b0066502_2322329.jpg


お天気が良いので水上バスに乗ってクルージングをとなって乗り場のある浜離宮へ。
芝生の中に咲く彼岸花を見つけました。

b0066502_2324229.jpg


まだまだ咲いているサルスベリの木下でヒガンバナも元気。
b0066502_2325263.jpg

by may158 | 2007-10-06 23:25 | 都内で | Trackback | Comments(0)

みちのく四寺回廊・・・・瑞巌寺

今回の東北ドライブ旅行の最終は松島の瑞巌寺

行き当たりばったりの名所見物の旅だったのですが・・・・
なんと終わってみればJRなどの四寺回廊ポスターにみる9世紀半ば慈覚大師円仁の開基を回っていました。
中尊寺、毛越寺、この瑞巌寺、そして7月末に立ち寄った山形の山寺立石寺をも加えて。
俳人、松尾芭蕉が奥の細道で巡礼した寺々です。


大漁唄いこみ(途中省略)
松島のサーヨー 瑞巌寺(ずいがんじ)ほどの寺もないトエー
前は海サーヨー 後ろは山で(ハ コリャコリャ)小松原トエー

歌詞の意味もわからずに聴いたことがあった民謡なのですが
まさにその通りの寺でした!


b0066502_1373071.jpg

瑞巌寺の山門を入ると本堂までは長い杉並木が続いて・・・
ふいと振り返ると門構えがフレームとなった松島と海が見える。

b0066502_1394798.jpg

参道の杉並木の片側は杉林、その木間越しに見慣れない景色・・・


今まで見たことのない石窟群です。
約200mにわたって壁面に卒塔婆が描かれた石窟群が並んでいます。
鎌倉時代から江戸時代まで霊を祭る?ために使われていたとか・・・うろ覚えです^_^;
今は霊場ともなっているとか・・・
b0066502_1327195.jpg


b0066502_13273983.jpg


岩に彫りこまれた供養の像・素朴な形に当時の人たちがしのばれて・・・
b0066502_13281455.jpg


苔むした神秘的な洞窟
b0066502_13292095.jpg


東北の寺を回って思うことは平安時代に良く都の文化がこの辺りまできて、土地に根付いて・・
そんな感慨で見ることが多かったのですがこの石窟群の土着的な風景に,死者への弔い方の原点に出会ったような気がするのでした。

さて瑞巌寺です。
御成門など3つの門が並び本堂へ
この広場の、門の前には大きな杉。
15mほどの高さの枝に珍しいセッコクが寄生して5月には見事に花が咲くことで有名。

b0066502_13411038.jpg




b0066502_1346583.jpg

同行の次女は京都の寺院で集めたご朱印の数々に続き,今回もまたたくさんの朱印を頼んでいました。
アウトドア派の私には思いもよらないことなのですが、歴史が好きには楽しいことらしいです。
どれも見事な文字で・・・素晴らしいです。
by may158 | 2007-10-02 13:39 | 東北 | Trackback | Comments(0)