人気ブログランキング |

9月の安比高原で(2019,9,10~13)

スキー場としてはよく知られて私も良く行きました安比高原。
久し振りに初秋の滞在です。
スキー以外で訪れる時はマイカーで東北道を運転しましたが今回は盛岡までは新幹線、
盛岡でレンタカーをして安比まで。(1時間ほどの距離です)

久し振りのレンタカー、我が家の古い車とは何かと勝手が違い大笑いするような操作も。
ウィンカーやワイパーが外国車の我が家とは位置が違っていつも間違う(^-^;
カーナビなども慣れるまではなかなか使えない・・・
でも車があるのはなんとも便利(^'^)でした
b0066502_15244273.jpg
スキー場としての真っ白なゲレンデでお馴染み・・・9月の色合い
ゲレンデやブナの林の中ではいろいろな花が楽しめて!
b0066502_14573264.jpg
ミヤマアキノキリンソウ、タニジャコウソウ、サラシナショウマ、トリカブト。
どれもブナ林の中で気持ちよさそうに咲いてます!(^^)!
b0066502_14552156.jpg
陽当りのいいゲレンデではウメバチソウ、センブリ、フウロ、マツムシソウ
↓岩手は南部藩と呼ばれて…そこからの命名?ナンブアザミ。2mほどの背丈で咲いてます。
b0066502_14544453.jpg
金色に輝く猫じゃらし
b0066502_14542692.jpg
b0066502_14523556.jpg
ホテルの後方にはリゾートとしての植栽された花々も!
b0066502_14552717.jpg
ヒースがよく咲いて…ちょっと英国風・・・?
ピンクのシュウメイギクは白樺の並木の下で。ルドベキアは近くのペンションからでも種が飛んできたのかしら(^'^)
b0066502_15562800.jpg
b0066502_15581742.jpg
ハーブや安比のシンボルマークにもなっている野ウサギ
キャンプ場・・・以上がこんな森の一角~

そんな安比でブナ林の中を歩くのが一番好きでした。
木漏れ日を浴びてひっそり咲く花、、、リスも飛ぶように走り抜けていったりしました。


b0066502_14544921.jpg
忘れないように…天台寺に行ったことも(^^)v
b0066502_15221201.jpg
思わぬ珍しい実、トチバニンジンの仲間なのですがソウシシヨウニンジン。
実の先端が黒くて斬新な色の取り合わせ。
緑の実はホップ、野に生えるのですね。
オレンジ色に咲くのはオオキツネノカミソリ?

4日間なじみのホテルに泊まり特に予定もなく安比高原で過ごして
今まで知らなかったこのリゾートの良さに気が付きました。
また季節が変わったら!なんて思っています。

# by may158 | 2019-09-21 16:12 | 東北 | Trackback | Comments(0)

第五回中央分水嶺トレイル(2019,8,28)

8月28日西の地方は大雨、全国的にも雨模様でした。
第5回のトレイルはこんな天候の中で始まりました。
出発の東京、途中の山梨辺りまでの道中は曇り空,でも目的地、長野県霧ケ峰についたときは雨(^-^;
小雨程度でしたが八島湿原から和田峠までを目指して出発しました。
b0066502_20494057.jpg
雨は時々止むことも
b0066502_20500533.jpg
b0066502_20505562.jpg
              細い登山道はゴロゴロ石、濡れた花々が道をふさぐように咲いて・・・
              マルバダケブキがシオガマギクが そしてオンタデもさえません
b0066502_20544698.jpg
b0066502_20503783.jpg
ミヤマオトギリ

b0066502_20512515.jpg
                ハナイカリ

b0066502_20523130.jpg
             初めて出会う花!アザミの仲間でしょうね?
b0066502_20515785.jpg
尾根道で風雨に打たれながら咲くツリガネニンジン
b0066502_20563721.jpg
今回のコース中の最高地点、鷲ヶ峰1792m雨や風がひどくなりガイドの判断で
この先の和田峠までのコースは取りやめ引き返すことに・・・
行程の3分の1の往復になりました。
残念でしたが安全第一!(^^)!
b0066502_20550823.jpg

雨の中の登山参加者は結構皆楽しんでいるようには見えましたが・・・
雨と風に加えて気温は19度。
レインウェアを着ていても暑くて蒸れることも無くって助かりましたが(^_-)
b0066502_20534049.jpg
b0066502_20531137.jpg
下山時に見かけた可愛いコケ、箱根でも見かけたことがあるような・・・

そして雨で俯くヤツガタケアザミ

山での天気の急変はよくあることですが今回ははじめから雨・・・
でもガイドに雨の時の歩き方や用具の使い方など今まで気が付かなかったことを現場?で教えてもらえてこれは良かったです。
まぁよく雨に会う霧ケ峰のトレイル、ツアーで日にちが決まっているから仕方ないことなのですが・・・
9月早々の第六回は晴れてくれますように~





# by may158 | 2019-08-31 21:27 | 長野 | Trackback | Comments(6)

車山肩から八島湿原へ(中央分水嶺トレイル第4回)・・・  2019,7,28

梅雨明け前の28日
第4回目のトレイルです。
前回は2度もすごいにわか雨に会いましたが今回は絶好のトレッキング日和!(^^)!
時々曇りも・・・でも気温も21度ほどで涼しい高原の風に吹かれて~

前回の終点車山肩からの出発です。
一面のニッコウキスゲ。
b0066502_10440758.jpg
b0066502_10442980.jpg



殿城山分岐から花と展望の山彦尾根、ウスユキソウやナデシコ、ジャコウソウそしてたくさんのコウリンカです。
b0066502_11454578.jpg

b0066502_20444587.jpg
コウリンカ咲く草原の尾根




b0066502_11322927.jpg
コウリンカの周り涼しい風に揺れる白い草
後方には八島湿原が見えてます。


b0066502_10482433.jpg

b0066502_11260052.jpg
こちらは花びらの短いタカネコウリンカ?と思うのですが・・・
なかなか会えない花だったので嬉しくて(*^^*)

南の耳,北の耳を通り、ゼブラ山(標高1776m)へここからは360度の展望
眼下には終点の八島湿原が広がっているのが見えて!

くだってきた八島湿原、出発点の車山肩も青空の中に~
ここまで5,5キロの行程3時間半の行程でした。

b0066502_11133698.jpg
今花盛りの湿原は
ニッコウキスゲ、ノハナショウブ、カラマツソウ、シシウド、ナデシコ、紅カノコ
チダケサシ、キバナノカワマツバ、ハクサンフウロ、キリンソウ、ヤナギラン
イブキトラノオ、などが花園を作ってます。



b0066502_11173714.jpg
b0066502_11135925.jpg
b0066502_11185262.jpg
b0066502_11565897.jpg
b0066502_11572692.jpg
b0066502_11580764.jpg
キリンソウ
b0066502_11270621.jpg
ミネウスユキソウ

何度か行っている八島湿原ですが季節が少しずれると出会う花のなんと違うことか・・・
次回は1月後の8月末、

初秋の花マツムシソウが待っているでしょうか。

8回コースの半分無事終えました。
後半もまたと思っています。


# by may158 | 2019-07-30 13:22 | 長野 | Trackback | Comments(13)

白樺湖から車山肩まで(中央分水嶺トレイル第3回)・・・・2019,7,10

前回から1か月後の10日、白樺湖から車山肩までのトレイルでした。
梅雨の晴れ間、長野方面は快晴!
でもなぜか霧ケ峰ではにわか雨にあってしまいました。
山の天気はいつも気まぐれ(^-^;

リゾート地として有名な白樺湖(標高1416m)、ここを眺めながら登山開始です。
b0066502_12001281.jpg
目指すはこの山を越えて車山肩まで2,5キロほどの短距離なのですがすべて急斜面の連続。
分水嶺を挟んで反対側にはスキー場リフトが動いているのですがね~
b0066502_12020535.jpg
そんな道端に咲く花たち
ハクサンフウロ,ヤマトキソウ
ケブカツルカコウソ、キバナヤマオダマキ
b0066502_12052504.jpg
b0066502_13020607.jpg

ハナイカリ、 オオヤマフスマ
 ヨツバヒヨドリ、ウスユキソウ
        シロバナグンナイフウロ
その他:ウツボグサ、オトギリソウ・イブキジャコウソウ・イブキトラノオも



まだ早いニッコウキスゲ
b0066502_12114946.jpg
樺の丘を越えて山頂へ
b0066502_12180195.jpg
山頂から始まる「霧ケ峰湿原植物群落」天然記念物湿原が広がります!
久し振りに見る高層湿原はコバイケイソウがよく咲いて緑の中でとても美しい~
コバイケイソウの当たり年!とのガイドの説明です。
b0066502_12242079.jpg
ところどころレンゲツツジの赤が鮮やかです。
b0066502_12244942.jpg
b0066502_12254270.jpg
b0066502_12304861.jpg
向こうの山の一本道、学生たちが蟻のように連なって降りてきます(^'^)
b0066502_12312649.jpg
この辺りから雨がポツポツ・・・終点の車山肩(1832m)の小屋が見えてほっ~
b0066502_12331355.jpg
          降り出した雨の中でグンナイフウロ∼(^^)v久しぶりに見ました。
次回は7月下旬、この湿原を通り八島湿原へと・・・花がよく咲いているといいのですが(^'^)

# by may158 | 2019-07-13 12:39 | 長野 | Trackback | Comments(8)

女神湖から白樺湖まで(中央分水嶺トレイル)第2回     2019,6,9

2回目のトレイルは5月から20日ほど置いた6月9日
                  前日は梅雨入りでこの日も朝方までは雨 道中の中央高速道でも雨が降ったりやんだりでしたが
          
出発地の女神湖では止んでいて・・・でも濃い霧の中
b0066502_22140774.jpg
b0066502_22142341.jpg
湖畔の女神像も霧のベールをまとってレンゲツツジの色だけが目立ってました。
湖を半周歩いていよいよトレイルの入口。
b0066502_22144705.jpg
笹原の中ズミの木が早白い花を散らしてました。

森の中の小さな草原にはオレンジ色のレンゲツツジ(*^^*)
森の中のレンゲツツジはすべてこの色です。

b0066502_22151655.jpg
カラマツ林と落葉樹がトレイルをはさんできっちりと分かれて生えてます。
b0066502_22165526.jpg
雨上がりの森の中はしっとりとしてすべてが活き活きと(^^)美しい色!
森の奥ではカッコウやホトトギスも鳴いて…もちろん鶯も鳴いてます。久しぶりの鳥の声(*^^*)前回はつぼみだったクリンソウ
道しるべのように道の両側に咲いてます。
b0066502_22161639.jpg
分水嶺から流れてくるこの水路は日本海にそそぐ流れとか
b0066502_22073533.jpg
b0066502_22195574.jpg
ササバギンランも見つけました!
ラショウモンカズラも雨に打たれたからでしょうか倒れて咲いて(^-^;
b0066502_22252754.jpg
満開のヒョウタンボク、淡い黄色で優しく咲いて~
赤い実になるのはいつごろか・・・
訂正・・・一緒に行った友人からコウグイスカズラと教えていただきました。
別名でヒメヒョウタンボクとも呼ばれるようです。
b0066502_22242891.jpg
多分ヤマドリゼンマイだと思うのですがすばらしい広がりです。シダ類の茂る森は静かでそして豊かに思えて大好きな風景・・・
以前北海道の落石フットパスで見た風景を思い出してました。
この湿地にはコバイケイソウも咲きだして(^'^)

b0066502_22235647.jpg

b0066502_22172389.jpg


樹々の幹はコケやサルオガセなどで楽しい模様になっています
最高地点は1460mほど。
急な登りや沢を渡るなど山気分は十分に味わえました。
b0066502_22302467.jpg
ツアーの悲しさ?じっくり花のそばで写す間がなく歩きながらの撮影
いつかのんびりと歩けたら…なんて思うことも。
クリンソウ・オオヤマフスマ(右上)
コンロンソウ(右下)倒れているラショウモンカズラ(左下)
b0066502_23022510.jpg
春ゼミがダケブキの上で休んでいました(^'^)
b0066502_11132607.jpg
今回のゴールの白樺湖…ここではとうとう雨になりました。
次回はここからの出発になります。
b0066502_23061311.jpg
コンパクトカメラ、歩きながら、曇天、霧の中と写真には全くついてない中での撮影ですが
記録です。


# by may158 | 2019-06-10 23:11 | 長野 | Trackback | Comments(6)

霧ケ峰~美ヶ原 中央分水嶺トレイル 第一回   2019,5,22

今までに何度も行った長野県、霧ヶ峰や美ヶ原高原。
今度はこの地域の中央分水嶺トレイル、太平洋側と日本海側を分かつ大展望の稜線を、8回に分けて歩く!の第1回に参加してきました。

前日の大雨も嘘のようによく晴れた中央高速道、車窓からはジャケツイバラが延々と咲く風景や鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳や千丈岳、
反対車窓には八ヶ岳の雄姿がくっきりと見えてうれしいこと~
山の頂付近は未だ真っ白な雪(^'^)

今回はトレイル出発点の長門牧場から,4,5キロ先の女神湖まで。初回なので足慣らし程度の平坦な道が多い。
この牧場でお弁当など食べて出発です。
b0066502_14295075.jpg
標高1400mの牧場からは北アルプスの雄姿。
b0066502_14301745.jpg
反対側には蓼科山が見えて。牛やヤギなどとともにアルパカも触ってみることもできます。
b0066502_14292818.jpg
いよいよこの地点から出発。
牧場の向こうに見えるのは美ヶ原高原、今回のトレイルの最終ゴールとなります。
8回目に・・・秋の頃には頂上に立てるのでしょうか(^_-)
b0066502_14304528.jpg
b0066502_14340801.jpg
牧場の草原を抜けてここから森の中へ!延々とスミレが山道の両側を縁取って咲いてます。
まだ蕾のズミの木も並木のように連なって・・・咲いたら白い花の並木に~
b0066502_14312035.jpg
カラマツ林も
b0066502_14314878.jpg
北海道と同じ気候とか、カラマツ林はまだ芽吹き、落葉樹は淡い緑が多様でなんとも美しい~
カッコウや春ゼミが鳴いて、道端にはクリンソウがずらりと並んで生えていて・・・でもまだ蕾。ヒトリシズカもあちこちに。
咲いたらどんなに素敵か・・・
森を抜けるとハルリンドウや桜スミレも咲いて。
3時間足らずで今回の到着は女神湖。
湖が見えると湖畔では小学生たちが写生に来ている・…まるで妖精たちの集まり(^^)/
b0066502_14331853.jpg
蓼科山の見える湖畔ではオオカメノキが花盛り~
1500mあたりで咲く花ということでした。
b0066502_14322759.jpg
一寸アップで
b0066502_14325911.jpg
次回はこの女神湖から白樺湖までのトレイルを歩く予定です。
ここまではハイキングコース、次回からは登山コースになります。
頑張らなくっては(^-^;
花々はここではまだちょっと早いようでした。

b0066502_14343531.jpg

# by may158 | 2019-05-24 15:04 | 長野 | Trackback | Comments(6)

山笑う頃…群馬県みどり市2019,4,22


花々が咲き乱れ1年中で一番美しい時。山々は芽吹きの時を迎えて若々しい緑!
そんな中、群馬県みどり市、絶滅危惧種のカッコソウの群生地や菜の花の咲くフットパス!花桃街道、桜草の自生地と
盛りだくさんのone day花ツアーでした。
もう夏日のような暑さでしか山の中の空気のおいしさ、せっせと見て回りました。

はじめは鹿田山フットパス、フットパスという言葉にはとてもいい思い出があってワクワク!
圧巻の菜の花畑が広がって何もかもが黄色に染まった風景~
b0066502_18184624.jpg
ため池が黄色を映して!大好きな色でした。
たまたま、このブログを書いているときNHKのニュースでこのみどり市の菜の花が写って!
プロはうまく写すもの・・・なんて思ってます。
私は興奮のあまり???カメラの設定を間違え…この画像です(^-^;
b0066502_18175512.jpg

いよいよカッコソウの群生地へみどり市のガイドの方が説明をしてくれます。
一寸1週間ほど見ごろには早かったそうですがサクラソウの仲間で唯一鳴神山の小平の里が自生地で
市を挙げて保護をしているそうです。
桜草の仲間なのですが葉が丸みを帯びて茎は毛むくじゃら、濃いピンクの花を咲かせます。
以前は普通にみられる花だったそうですが今では盗掘などで少なくなり保護されるようになったようです。

スキ林の斜面で咲いて!

b0066502_18253704.jpg

b0066502_18261029.jpg
b0066502_18274365.jpg


花散策の道々では可愛い野草にあえて!
ヤマエンゴサク、コンロンソウ、アジュガ・ニワトコ ニリンソウ
b0066502_18292870.jpg
ホソバのアマナ アズマイチゲ白いタチツボスミレ エイザンスミレなど
b0066502_18285424.jpg
b0066502_18381390.jpg
小夜戸(さやど)・大畑花桃街道
集落の中の道路が2キロにわたっての花桃街道に
b0066502_18521699.jpg
民家の庭咲きもこんなに咲いて...( ^^)
b0066502_18385837.jpg
b0066502_18530767.jpg
b0066502_18413564.jpg
燃えだした緑のなんと美しいことか・・・と林を眺め最後の桜草自生地へ谷へ下りていきました。
b0066502_20294474.jpg
サクラソウの自生地もまだちょっと早かったです。
b0066502_18542608.jpg
まだまだ八重桜や大島桜が綺麗でした。
山歩きや野草が好きな友人に誘われてこのところ初めて名前を聞く花の自生地に行ってます。


# by may158 | 2019-04-24 19:21 | 群馬 | Trackback | Comments(4)

平成の花見   4月



5月からの新元号が 令和 に(^-^)
30年間なじんだ平成も4月限りとなりました。
そんなことからでしょうか東京の桜は何時になく長い間満開で・・・桜が平成を名残り惜しんだと言うわけでもないでしょうが(^-^;
つられて私も都内の桜あちこちをまわりました。
都内3月末からの目黒川と区内の砧公園、4月に入っての代々木公園、近所の遊歩道の桜並木、そして直近の皇居千鳥ヶ淵です。

毎年見ている千鳥ヶ淵の桜はお濠や江戸城名残の門などと風格のある桜の名所。
テレビでも今日の人出は…なんて毎夕放送されて・・・そのせい?いつも混んでいます。
そんな中でお濠を中心に楽しんできました。
b0066502_11464590.jpg


b0066502_11435675.jpg


b0066502_11432325.jpg


b0066502_13463857.jpg






菜の花と白いハマダイコン?の花。頭上の桜の華やかさを引き立てます。
b0066502_11471384.jpg


一番賑やかな土手は菜の花と桜のコラボ(^'^)
b0066502_11553461.jpg




強風注意も出ていたこの日は桜吹雪も時々起こって
お濠にはハナイカダが(^^)/
静かに形を変えながらゆっくりと流れます。
b0066502_11450904.jpg


b0066502_11443277.jpg
:::::::::::::::::::::::::::::




千鳥が淵の2,3日前の代々木公園
若い人たちの花見で活気あふれるお花見風景
サイクリングコースも花の下(^^)/
b0066502_11561224.jpg

 ::::::::::::::::::::::::


友人たちとのお花見の砧公園
ランチやお茶をゆっくりと楽しんだ後・・・
もう夕方になってのお花見でした(>_<)
b0066502_12020235.jpg
::::::::::::::::::::::::::::::::::



図書館横を流れる目黒川
今年は開花が早くて桜祭り実行委員会は頭を抱えたようです。
予定は4月6,7日当たりだったようで・・・
きっと花筏でいっぱいかもしれません。
b0066502_12053047.jpg
残りのお花見は新宿御苑の八重桜~
来週あたりから見ごろでしょうか!(^^)!

# by may158 | 2019-04-08 12:20 | 都内で | Trackback | Comments(4)

久し振りの姫路   2019,3,2~3

神戸,大阪まで出かけることがあってもなかなか姫路まで足を延ばすことがなくって・・・久しぶりの帰郷
でもふるさとの兄姉は結構東京へ出てくることがあり良く会うのです。

今回は兄の80才になったお祝いと母の命日に皆でお墓参りも兼ねて姉二人、兄夫婦、私と5人で集まりました。
皆元気ですがほんとによく、そろって年取ったこと~・・・を実感でした(>_<)
この年齢まで来て話題といえば子供の頃のたのしかったこと、失敗したことなど賑やかに話して・・・(^'^)

夕方になってちょっとお城に寄りましたがもう閉門近くなので外からぐるりと回って眺めただけになりました。
国宝指定で、平成になってユネスコ世界遺産に、50年ぶりに改修されて白い漆喰で塗りこめられています。
そんなことから白鷺城とも呼ばれています。

b0066502_22174119.jpg
b0066502_22182689.jpg
翌日は上の姉と二人で書写山へ!
あいにくの曇り空でしたが結構な坂の参道を登り書写山円教寺へお詣りを兼ねてハイキング。
天台宗三大道場の一つですが奈良や京都の観光客の多いお寺とは違って静かです。
でも映画ラストサムライのロケ地となって若い観光客にも知られるようになったようです。
b0066502_22253863.jpg
ロープウェイで四分、上がっていきます。
姫路の街が見下ろせて街の向こうには播磨灘も見えて・・・写真ではよく見えませんが(^_-)

その先は入山料を払って山門へ
b0066502_22312386.jpg
摩尼殿には大きな舞台が張り出していて清水寺などと同じよう・・・で
さらに進んで三つの堂
大講堂、食堂(じきどう)常行堂があります。
また姫路城主だった本多家廟所もあります。
b0066502_22451452.jpg
b0066502_22405430.jpg
三つの堂の講堂(上の段)
食堂、、、内部、鬼追いの追い赤い装束なども展示
40mにわたる外の廊下?

85才の長姉、また一緒に書写山登りましょうと約束して。元気です。
会食の雛の膳、人形の器がかわいくって(^'^)
久し振りの兄の家には囲炉裏もあって前日,
瀬戸内の海、室津の漁村まで買いに行ったという新鮮なカキやエビなど。
炉端焼きなどほんとに久しぶりです。
80才になった兄と・・・



b0066502_23485577.jpg


# by may158 | 2019-03-08 23:01 | 兵庫 | Trackback | Comments(2)

南房総へ    2019,2,24

お隣の県、千葉県!近いのですがなかなかいく機会がありませんでしたが、区のスポーツ振興会主催の
ハイキングで南房総市の大日山へ。

海ほたる経由で木更津へ、館山自動車道を通り大日山へ
333,3mの低山登山ですが滝巡りの遊歩道などから登りはじめます。
b0066502_16320708.jpg
登山道沿いにははやスミレやはりフキノトウも花が開いて!
急な木の階段などもあって息が弾みましたがほどなく山頂、結構登っている人がいてラーメンを作る人、餅を焼く人
憩いの山のようでした。
山頂からはも東に太平洋、南に館山湾、西からはやはり三浦半島、富士山も見えるというもの・・・・でも木の枝で邪魔されたりカスミがかかった陽気ではっきりとは(^-^;

山の向こうは相模湾が見えてるのですが上手く写りません(^-^;
b0066502_16130051.jpg
b0066502_16135125.jpg
登山道わきの冬イチゴ、もうほとんど終わり触るとポロリと落ちます。
b0066502_16224793.jpg
山頂の三角点

下りは美しい遊歩道、いつまでも歩きたい道でした
b0066502_16144557.jpg
杉の木に絡むつる植物、なんでしょう~?
オレンジ色の実が房になっていました。

追伸;花友さんが名前を教えてくれて「フウトウカズラ」なそうです。
暖かい地方にだけ育つ関東では珍しいつる植物のようです。
オレンジ色の実の写真がないのが残念です(^-^;
 
b0066502_16150871.jpg
里へ下りると、桜が咲き菜の花があちこちに咲いてすっかりのどかな春~
バスですこし先の岩井海岸で地魚料理の昼食、新鮮な魚介が盛りだくさん!

岩井海岸は臨海学校などでも有名で早くも中学生ぐらいの生徒で賑わってましたが。
b0066502_16163526.jpg
浜辺の道沿いにはハマダイコンが咲いて(^'^)
b0066502_16171253.jpg
b0066502_16160268.jpg
                
                穏やかな海でした。

# by may158 | 2019-02-25 16:33 | 千葉 | Trackback | Comments(2)