人気ブログランキング |

初春の色 Ⅲ  (2016,1、4) 渉成園(枳殻邸)

前日の奈良はお寺ばかりまわって・・・
最後の日はまた京都、東本願寺別邸の渉成園へ。
昨年も旅の最終日に行ってみたのですがちょうど雪が降った後で(関係ないかも)もう閉まっていて
入ることができませんで・・・今度こそはと午前中に行きました。
b0066502_2212549.jpg


門を入ってすぐ目につくのが高石垣
大きな不揃いの石が組まれて…整然とした京都の庭ではちょっと異色な感じです。
なんでも2度の火災に遭ってその時に残った材料で作られたとか・・・
アートになってますね~
b0066502_22203729.jpg



貴族や大名の屋敷ではなく宗教家の屋敷ということでちょっと異色でしょうか。
別名この園は昔はカラタチバナの生け垣に囲まれていたことから通称 枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれていて・・・

のどかな雰囲気の庭園
b0066502_22221063.jpg


反った橋のかかる池
b0066502_22242019.jpg


b0066502_22245167.jpg

屋根のある橋・・・

b0066502_22254326.jpg

芝の広がる庭を池越しに。

橋を渡った島には茶室
b0066502_22325038.jpg


春からは花もいろいろと楽しめるようで駅からも近くでちょっと京都で花を!にはいいところでしょうかね。
立派な花のパンフレットもいただけます。




*************

8階の駅傍のレストランから眺める京の町
京都タワーがひときわ高く・・・・
超高層がないのが空を広く見せてくれていいこと~
b0066502_2237564.jpg


東本願寺の屋根も見えています。渉成園は道路を挟んでこのお寺の向かいになります。
駅からは10分とか・・・
b0066502_22392596.jpg


このところ2年続きの冬の京都、花には椿以外は会えなくって・・・
花咲くころの古都もまためぐりたいもの~(^^♪

1月で80歳になる次姉と
次はどんな旅になるのか・・・・
b0066502_22422177.jpg

by may158 | 2016-01-21 22:47 | 京都 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://may158.exblog.jp/tb/25288340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まり at 2016-03-06 12:16 x
わぁ~、どうして気が付かなかったのかしら、今頃拝見して(泣)
渉成園、やっと歩いてこられたのですね~!お花がない時期で残念でしたが
街中のオアシスの様にホッとするお庭でしたでしょう? パンフレットも立派で(笑)
明日京都に出るついでに寄れそうなところは?と考え中に梅が咲いてるかしら
なんて思っていたところですよ(^^; 時間的に無理かもしれませんがふと立ち寄りたい気になる
スポットです。

Commented by may158 at 2016-03-09 20:32
まりさ~ん、こんばんわ~(^^♪
1年前のお正月に行けなかったので今回やはり確かめておこうと行ってきましたよ。
お寺巡りを堪能した後だったのでちょうどいい軽めの散策になりまして(^^ゞ
そうそうパンフがとても立派!

これからは桜がいいのでしょうかね~
でも京都は名所がたくさんあって何処へ…と迷うことでしょうね。
あちこちの旅行会社からのパンフと電話でのお誘い・・・心も揺れて(^^ゞ
Commented by at 2016-04-14 09:41 x
静岡のペンフレンド(なつかしい言葉)が叫ぶように!?もっとゆっくり花咲いてと言っておりました。

ライラックも咲き始めたとのこと。え~ぇですが、みなさんのサイトを見てる限りさもありなんで、今年ほど

花の遅れをかんじたことは有りません。が、これがフツーなんですよね。いま、福寿草が咲き、蕗の薹が出そろい

クロッカスが色とりどりにかたまっているのもかわいい。おとなりでは家の中のカーラーが次から次へと咲いている。

我が家のはもう少し後から咲かせようかな。と、忙しくなる前の畑の整理をうきうきと。

本屋大賞のほんを買うようになってもう何年になるかしら。借りてばかりの本でしたが、これは買おうって。

先日本屋さんに寄ったらなんと、本屋大賞に順番がついていてほんが並んでました。田舎の本屋で大賞しか並んでいなかった

のにね。それで、「羊と鋼の森」宮下奈緒さんですって。まずはトムラウシでの一年という言葉が目に入りん、ん~?です。

トムラウシは山も温泉も知る人ぞ知る秘境で、なんでここまで開拓したのだろうという場所でしたが、後年、山奥まで立派な

舗装道路になりましたが、人はいなくなり、かわりに軽飛行機で仕事をするというような大規模酪農家がいたり、都会から

移住したり、山村留学をしたりで僻地5級という恵まれた!!?環境でもあったりしてましたが、ここの温泉を訪ねる度

開拓のころを思い、複雑な気持ちに・・・関係ないのにね。「北の旅から」ではないけど道路も出来、電気もつきなのに

だれもいなくなったと。ぜひ、羊と鋼の森、を読もう、買おう。

今、真田太平記を読んでいて、忍者、草野の者、にくわしくなりました?若いころ読んだときには色々飛ばして

よんでいたんだなぁと、つくずく。池波正太郎はもう、ずいぶん前に卒業したのだけれど、戦国時代も卒業したいのだけど

三谷太平記とのちがいを楽しんでいたり・・。コロンボも見てるよ~ん。でも明るくなってきてゆっくりとはなぜかいかなくなりますね。

ヘイスティングもワトソンくんも好きです。おほほ。
Commented by may158 at 2016-04-18 10:51
花さ~ん、箱根に行っていて投稿いただいてたのに気が付かなくって遅くなりました。ごめんなさ~い(^^ゞ
ほんと今年の花は北国の五月の様に何もかも一斉に咲き出して、もっとゆっくり順序を守ってとお説教したくなる・・・
バラとふじとツツジと、草花がいっぱい、庭は早満杯・・・これが終わったらどうなることか・・・・
急いで夏花壇の用意をしないと…と焦ってますよ。
本屋大賞のニュース、見ましたよ!
よさそうですね。著者も素敵な女性で調律師の方も~
北海道が舞台ですもの、花さん理解度が深くなると思います。

箱根で伊集院静の「居眠り先生」を読みました。この作家大学の後輩…いくつか街のことなど共通の思いを持つものが出てなんだか親しみを感じてしまったわ~
それと今、石原慎太郎の「生きるという航海」今まで出版した自書からのいろいろな抜粋で構成されているのですが普段考えない大きな世界からの
見方、考えが私には新鮮(^^♪
まさに男・男・男を主張しているのですが・・・ね。
頼もしい(^_-)
都知事をもっとやってほしかった…誰でも年齢に逆らえないのだけど・・・
こちらコロンボもホイルも終わってみるものがなく寂しい・・・ポアロ、シャーロックホームズは時々見ます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 3月の岩手で(安比高原と盛岡)... 初春の色Ⅱ   2016,1,... >>