カナダスキー(2)・・・ ウィスラー&ブラッコム

いよいよ15日から19日までの5日間のスキーが始まりました(^^♪
初日は真っ青な空、ホテルから1,2分のところのゴンドラで登ります。
ウィスラー山とブラッコム山の二つの山に200余りのコースが広がっています。
まずはウィスラー山へ
真っ赤な楓のカナダ国旗が要所要所にはためいて気持ちいいこと~
b0066502_17554056.jpg


b0066502_17593170.jpg

このあたりの山々はコーストマウンテンレンジといわれるとか有名なロッキー山脈とは離れていて
山の出来方も違うそうでなんとなく優しさを感じる・・・・・
高さも2000m級でそれほど高いとはいえない。
カーリー山とのこと。

b0066502_1813718.jpg


b0066502_1821795.jpg


山頂近くのゴンドラを降りたところのレストラン前
大勢の人ですが、すべり始めるといろんなコースに散らばるの問題はなく(^^♪
b0066502_1861710.jpg


ウィスラー山頂2182m、モニュメントの前で記念撮影?
大きな石はバンクーバーオリンピックの公式エンブレム、イラナーク(ilanaaq)のモニュメント
原住民イヌイットの道しるべイヌイシュクを基にしているとか・・・・
男性4人女性4人のツアーメンバー。
b0066502_1813054.jpg


早速ガイドのコース説明を受けて、360度の展望も楽しむ(^^♪
b0066502_18144651.jpg


颯爽とみな滑り出す!
圧雪されたコースでとても滑りやすい。
b0066502_181797.jpg


眼下には雲海も
b0066502_18181180.jpg


雲海の中に突き進んで滑ります。
周りをうっすらと霧に包まれて・・・上からは太陽の光がかすかに・・・幻想的な中を行きます。
b0066502_1820312.jpg






雲海の中を抜けるとまた青空。
リフト待ちの風景はのどかです。
b0066502_1823475.jpg


山頂近くのロッジのテラス。
あつあつのワッフルを食べていると小鳥たちが分けてとねだります。
手に持って差し出すとちゃんと食べに来てとても可愛い。
これは差し出されるのを待つ2羽・・・そうそう名前はウィスキージャックというとか・・・
b0066502_18274486.jpg


上のテラス近くまで来ているキャットスキナーリフト。素敵です(^^♪
b0066502_18301335.jpg


リフト近くの眺め、ロマンチックでした。
b0066502_18313988.jpg


こんなコースが続いて・・・
ゆっくり組で私の後ろを滑っているKさん、ツアーの最高齢?
でも安定した滑りです。オレンジのウェアが雪に映えます。
b0066502_18344978.jpg


ブラッコムには氷河がありその入り口。
b0066502_18364197.jpg
添乗員さん。

ブラッコムとウィスラーの二つの山を分ける谷間・・・・深いです。
ピーク2ピークと呼ばれるゴンドラが二つの山をつないでいます。
世界一の規模だとか・・・4.4キロを11分で渡ります。谷の深さは450m。
b0066502_1838395.jpg


ブラッコム山全景。
一番高いあたりが黒い鳥の鶏冠に似た形からブラックコムと呼ばれるとか・・・
2440m
b0066502_18423178.jpg


そんな山を背景に雄姿?^^;も
b0066502_18435647.jpg


ここからの眺めの名物?
ブラックタックス、黒い牙と呼ばれる山が見えて・・・
日本の槍ヶ岳?のようなかしら・・・夏山では人気のようです。
b0066502_1847084.jpg


いろんなリフトがあります。
3人乗り、4人乗りと~
週末はどのリフトも混みました。
b0066502_18494659.jpg


ヨーロッパでのスキーとは違ってなんだか海外に来て滑っている感じが余りしない・・・
ヨーロッパよりは1000mほど低いあたりで滑っているからかしら・・・
森林限界も1800mぐらいまであって林間コースを楽しめました。
でも標高差1600mの滑走は滑り応え満点。
最長は一気に11キロ滑ることが出来るらしい・・・それぐらいは滑ったか・・・^_^;
ダイアモンドダスト、さらさらパウダースノウ,新雪、下のほうのウェットな雪と一滑りの間にもいろんな雪質を楽しめて変化があること~!
カナダ最大のスキー場での5日間でした。
[PR]
by may158 | 2012-02-23 18:56 | カナダ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://may158.exblog.jp/tb/17855611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まり at 2012-02-23 21:00 x
メイさ~ん バンクーバーの街の様子に続いてウィスラーのリゾート地の雰囲気、
そして何時ものヨーロッパの山々とは違った様子のスキー場の風景・・・
憧れを感じながら楽しませて頂きました♪
リフト前の人の多さにはビックリしましたがすぐに散らばって気にならなくなるとは
スケールの大きさなんですね!
フフフ、雄姿も中々のものですよ(^_-)-☆

バンクーバには以前少しの期間英語を教えてくれていた女性が住んでいて、
旅の企画などしているらしく誘いもあったりで一層興味津々です^^;
また旅心がウズウズ(苦笑)

未知の世界なので毎年楽しい記事です~、有り難うございます(^o^)
Commented by ララ at 2012-02-23 22:11 x
わぉ~~なんとまあ素晴らしい眺めでしょう!
雲海に突入!
いやはや3Dで見たい気がしますよ~
スキーの醍醐味を充分味わいましたね♪いいなあ~
写真が大きいのでほんとうに美しく迫力があります!
メイさんの雄姿、うら若き女性に見えるわよ~(^_^)v
Commented by nobkon2n at 2012-02-23 22:31
今年はカナダでしたのね。素晴らしい~~~~
一気にみせて頂きました。
カナダは行きたい所№1です。メイさんお若いわぁ~~~
Commented by メイ at 2012-02-24 09:57 x
まりさ~んおはよう~(^_^)/
旅のお疲れはとれましたか~?

バンクーバーにお知り合い?
いいですね~
ウィスラーのスキー場は春からは野の花の宝庫のようですよ~
行きたいな~なんて思ってきました。
スキーガイドはハイキングのガイドもするようで・・・
ヨーロッパに比べるとなんだか気が楽??・に思いましたよ~
飛行時間が3時間短いというのはやはり楽ですしね。

でも滑りに関しては年々衰えを感じてますよ(ー_ー)!!
雪山に入れるだけでも満足なのですが・・・・元気な年下の人が多くなってね。
ありがとう~
Commented by メイ at 2012-02-24 10:02 x
ララさん、風景写真は大きいほうがよく見えますね~
ことに山はね。
パソコンモニターいっぱいの大きさにすると肉眼では気が付かなかったいろいろも見えて・・・
また行きたいな~なんてね(^^ゞ
女性もみな65歳以上だとおもうのですが、早い組の二人はヘリスキーで高い山から深雪を滑るのがお得意のようです。
夏はヘリハイキングとか…どうなんて言われましたが…いろいろと刺激をいただきましたよ。そんな方たちは颯爽としていました。
Commented by メイ at 2012-02-24 10:10 x
おはようノブコンさん。
画像が多くって大変でしょう?・・・見ていただきありがとう~(^^♪
友人がロッキーハイキングなどへ出かけるので一度行ってみたかったのですよ。ウィスラーは次女が夏期講習などで滞在していたようでいろいろと事前に知ることも多くって・・・
夏もよさそうです!(^^)!
ヨーロッパより気軽な感じ・・・かな。

ノブコンさんちは今年はどちらかしら~(^^♪

Commented by 阿蘇望亭 at 2012-02-24 20:06 x
何とも素晴らしい眺め!
その眺望だけでも味わってみたいところですが、標高差1600mの滑走!その中を颯爽と滑るというのはどういった感じなのでしょうねえ!
メイさんの勇姿も拝見!若さが眩しく感じられます。
Commented by もみじ at 2012-02-24 20:12 x
メイさん ダイナミックで素晴らしいカナダの山、スキー場風景を楽しませて貰いました。(*^_^*)
メイさんの雄姿~カッコいいですね。!!

バンクーバーは懐かしいです。ロッキー山脈の凄かった事等~~
メンバーの皆様若くて素晴らしいです。!!
スポーツ為さる方は別格なんですね。(*^_^*)
ありがとうございました。
Commented by yumerodo at 2012-02-24 20:56
メイさ~ん カナダスキー旅行(2)
1枚目の手前の赤い旗? 凄い迫力ですね~
わっ、すごーと見惚れましたo(*⌒―⌒*)o

 >真っ赤な楓のカナダ国旗
白い雪山に映えて良いな~この一枚が(⌒^⌒)b

そして雄姿、少し腰をひねり加減の良さ! カッコ良いメイさん!
Commented by メイ at 2012-02-25 09:49 x
阿蘇望亭さん、おはようございます。
ヨーロッパのアルプススキーから比べると1000mほど低いところでのすべりなのですが標高差が十分あって滑りがいがありましたよ~
スキーの板一枚で決して走っては得られないスピードをいまだ体感出来るのはうれしいもので(^^ゞ

でも私は早くすべるわけではないのですが・・・それでも~
それと雪山の美しさ、惹かれるのですよ。

勇姿?阿蘇望亭さんの前回のコメントのご要望を頂きはづかしながらですよ。(^_-)-☆(~_~;) (ーー;)
Commented by メイ at 2012-02-25 10:05 x
もみじさん、おはようございます。
旅のお疲れのところありがとうございます。
滑る姿勢はいつも後ろに引けていると注意されます(^^ゞ
どっか怖い…という思いが抜けないのでしょう((+_+))

いいですね~(^_^)/バンクーバーやロッキーはご存じなのですね。
ヨーロッパより少し近いので私もこれから夏山なども行きたいな~と思っているところですよ。
リフトなどが完備しているからこれからは楽なほうが・・・・(^^ゞ
慣れると海外も何かとスケールの大きな自然を見られそうで~
Commented by メイ at 2012-02-25 10:10 x
夢さん、カナダ国旗 楓の葉の形いいな~と思いますね!(^^)!
いかにも森林の多い自然の豊かな国!
気質ものんびりしているようでした。

スキー場ではスイスの国旗とこのカナダ国旗が印象的・・・・
あとの国では見たかな~って程度。
色が日の丸と似ているから目につきやすい???

姿勢はだめなの(^^ゞ・・・・いつも腰が引けているといわれて・・・
本人はまっすぐのつもりなんだけどね((+_+))
ありがとう~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< スノウシューを履いて(岩手県安... カナダスキー旅行(1)・・・バ... >>