礼文・利尻フラワートレッキング(5)

トレッキング3日目の午後は10キロばかりの海を隔てた利尻島へ。
フェリーで40分ほどかかりました。

周囲63キロの円い感じの島。
島の中央に利尻山がそびえる夢の浮島といわれて・・・
鴛泊港から上陸。生憎の天気で利尻山は雲の中^^;

島一周の観光はまずは姫沼から。周囲1キロほどの小さな湖なそうです。
b0066502_10463068.jpg


沼のほとりで花たち
ミヤママタタビ(葉がピンク)
ヒヨドリバナ、カラフトイチヤクソウ
見事に咲くツルアジサイ、マツヨイグサ?
b0066502_10505470.jpg


次なる下車はオタトマリ沼
ガイドさんの利尻山が見えてますよ!の案内にみな張り切ってカメラを構えるのですが
雲が忙しく動いてなかなか全容は望めない(-_-;)
でも利尻で会う初めての利尻富士(山)標高1721m

b0066502_10571746.jpg


アカエゾマツの原生林に囲まれる沼の様子など
b0066502_10582860.jpg


3番目、礼文とは違った花が楽しめますよ・・・
ガイドに言われていてワクワクしていた南浜湿原。ここでも利尻富士はうっすら姿を現して(^^♪
b0066502_1162484.jpg


ここの花ガイドは若い男性、楽天のピッチャーのマー君ににているといわれます。マー君と呼んで・・・なんて明るい青年。
丁寧に説明をしてくれましたが相変わらず勝手に写真をパチパチ・・・すみません(^^ゞ
湿原のコケ類。
b0066502_1194883.jpg


湿原の植物
ヤマドリゼンマイの群生、
ナンバンハコベ、ワタスゲ、
ノハナショウブ、キソチドリ、ヤナギトラノオ、ツルコケモモ
ここには載せていませんがホロムイイチゴやイソツツジの花、タチギボウシも。
b0066502_126639.jpg















利尻島最南端に当たる仙法志岬公園は、利尻山から流れた溶岩からなる奇岩怪石が連なる独特な風景とあります。

シラネニンジン?
とにかくセリ科の花の群生が目立ちました。
b0066502_11331046.jpg


今回会えたシロヨモギ、礼文でも咲いて・・・
美しいとはいえない北のこの花は植物園などでも見かけることがなくそれだけに自生地で会えてよかった!
b0066502_11361765.jpg


浜辺に咲く花
リシリヒナゲシは利尻山の山頂付近にのみ生える野生のケシ。
でもこの町では道沿いや家々の花壇によく咲いて・・・
種を蒔くとこんな風に咲けるのでしょう~
隣はハマエンドウ、エゾクサフジなどと混じって彩がきれいでした。
ここでもハマベンケイソウが波が届きそうな岩場で咲いて!(^^)!
大きなエゾオグルマ・・・まだ蕾でしたがその大きいこと~
サワオグルマなど箱根でも見ますがもうその何倍もある感じでした。
b0066502_1147613.jpg


3時間もあれば島一周の観光が出来そうな利尻。
利尻富士の裾野は海になって終わる。
b0066502_11493717.jpg


円い形の島からは12ヶ所の違った利尻の山容が見れるとか・・・
雲の上に顔をのぞかせて・・・
海抜200m登山口から登って10時間ほどとか・・・
8合目からのお花畑は素晴らしそう。
年々登山道が荒れて近いうちには登山禁止になるかもなんて聞いたけど。
登ることはないでしょうね・・・せめて山の姿をしっかりと見届けて。

b0066502_11555133.jpg


リシリヒナゲシ・・・島の人たちの誇りなのでしょうか。
街灯の形もこのヒナゲシ。
b0066502_1285516.jpg


長々とお付き合いありがとうございます。
礼文の記録で載せてしまった花は省略しましたからなんとも地味目の花ばかりです。
大抵の花はいままでの植物園めぐりで見たことがあるのですが、自生地で咲く様子はなんとも魅力的でした。
花の旅から帰って10日、いまだ北の島の花々を思ってボ~ッとしています(^^)

翌日は午前のフェリーで稚内へ。空港までのバスの中からの沿道の花見物。
稚内空港から羽田・・・午後、はやい帰宅。
飛行機を利用すると速くて便利な分、便数が少ないためなんだかもったいないような最終日でした。
[PR]
by may158 | 2009-07-21 12:02 | 北海道 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://may158.exblog.jp/tb/11556136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まり at 2009-07-21 13:18 x
メイさ~ん 素晴らしい自然と珍しい花々との出会いの旅の記録、楽しませていただきました(*^-^)

流れるような雲間にきりっとした姿の利尻富士がとってもいいですね!
そしてリシリヒナゲシ・・・実際に目にしたらきっと「わ~ぁ!」と興奮することでしょう(^^ゞ
素敵です!!

>自生地で咲く様子はなんとも魅力的
体験少ない私ですが、それだけによ~~く実感できます(^_-)-☆

いつか・・・と改めて思います。 
Commented by may158 at 2009-07-21 20:38
まりさん、延々と・・・お付き合いいただいてありがとう~
良い写真よりも記録としてをある程度順を追ってとなると長くなりました(^^ゞ

島の自然って昔から憧れでしたよ。それも小さめのね。
花の島なんて思うだけでもうれしくなりますね。
ぜひお出かけになってください!

ふしぎ・・・行きたいと思っているといつかチャンスがやってきて・・・
カナダの花を見に行きたいとも思ってますよ~何時か
チャンスは来るか(^_-)

お熱と・・・どっかで読みましたがもうお元気のようでよかったですね。
あまりba-ba業、張り切り過ぎないように~ね。
Commented by まち at 2009-07-22 09:01 x
5回にわたる礼文島、利尻島フラワートレッキングのレポート、お疲れさまでした。
このレポートのお陰でいままでぼんやりとした島のイメージがよくわかるようになりました。 
たくさんのお花を撮って見せてくださったメイさんにありがとうです♪
Commented by may158 at 2009-07-22 16:30
まちさん、長々と続けまして(^^ゞ
お付き合いくださってありがとう~
今回は、花トレッキングと、新しいカメラを試してみたい思いとで
ずい分写しましたが・・・悲しいかな・まだ使いかただよく分かってない・・・?ぶれぶれ画像ばかり。

礼文は今年ネットでの知り合いの方もよくいかれたようで・・・
それぞれにリポート、お好みがあって面白いと思いました。
もう私ときたら花以外はほとんど写してなくって^^;

晴れた日にのんびりと礼文の花をゆっくりと見てまわれたらいいのですがね~
Commented by ララ at 2009-07-24 20:20 x
素晴らしいお花の数々の写真に拍手~です!
リシリヒナゲシの咲く姿は可憐で食べちゃいたいわ~(~o~)
私、残念ながら利尻は姫沼に行った位だったので、うれしい写真の数でした。
自然に咲く花達には、お花屋さんで出会う花とは全く違う顔がありまね。
みずみずしさ、誇らしさ、存在感・・・必死に生きてるってね。
だからわざわざ出かけて、出合った時の感動、そして力をもらってくるような、そんな気がします。
いいですね~お花って!お陰さまで楽しませて頂きました!
Commented by メイ at 2009-07-24 22:02 x
ララさ~ん、こんばんわ(^^♪
義妹様のご様子はいかがかと気になっておりますよ~
気候が不順で差しさわりがないといいのですが・・・

なんだかたくさん載せました(^^ゞ
もう行くことがないかな~なんて思うとついあれもこれもと・・・・欲張って。
お付き合いいただきありがとう。

利尻のバスの通る道々にはほんとによくリシリヒナゲシが咲いて・・・
どうしてバスは止まってくれないのかと思ったら結構いろんな休憩所でも咲いていて・・・^^;

植物園へ行けばもいいまは大抵の花を見ることが出来ますが自生地で
自然のままに咲く様子はもう感激ですね!(^^)!
年々こんな花に惹かれます。
後何年見れるかと思うとあせりもありますが・・・夏の間だけのあちらもこちらもとは行かなくって(^_-)-☆


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 富士宮口下山コース 礼文・利尻フラワートレッキング(4) >>