NZ ミルフォード・サウンドへの道

旅の第3のハイライト
美しいフィィヨルドで知られるミルフォード・サウンドへ宿のあるア・テナウから120キロのドライブ。
道中は雄大な風景が続きます。

サザン・アルプス越えで一番低い峠・・・
モンキー・クリークと呼ばれる地点で。
ブッシュの中では黄色いマオリ・オニオン(ブルビネラ属)がさいてました。
b0066502_9501910.jpg


b0066502_9505223.jpg


b0066502_9521261.jpg


b0066502_9523644.jpg

氷河期の氷河の動きで出来たダイナミックな造詣
ゆるやかな氷河の運動でできたU字谷。
急激な運動で出来たV谷・・・・
自然の大きな力を目の前に息を呑む思いでした。

b0066502_9561427.jpg

ホーマートンネル手前で
山頂の雪が解けていたるところに滝が見えます。

b0066502_1001844.jpg

そんな滝の手前、瓦礫のなかで咲くエバーラスティング・デージー
そばにマウントクックリリーも咲いて(^^♪

こんな谷間の道を進んでバスはフィヨルドへ向かいました。
b0066502_1024035.jpg












 道中こんなところにも


b0066502_1015587.jpg

日本から皇太子ご夫妻が行かれたときにここで写真撮影が行われたとか・・・
深い谷の底?は広い水平な牧草地
マーガレットが咲いて


b0066502_10194271.jpg


b0066502_10202781.jpg


ミラー湖
鏡のような湖
水に映る眺めを楽しみます。
看板にご注目~!
背景の花はルピナスです。
2枚目はアルプスが写って・・・
水に消え行くアルプス・・・なんて呼ばれることもあるとか。


ニュージーランド固有種でしょうか・・・
鳥のことは分かりませんが(~_~;)
オウムの仲間 ケァ
ケァ・ケァと優しく鳴いて・・・はじめ子猫がミャーミャー鳴いているのかと思いました^^;
b0066502_10254413.jpg


カムズ
厳しい岩山を眺めて峠を下ったあたり
ここが同じ土地かしらと不思議におもうほどみずみずしい植物の茂るところ。
洞窟のなかを勢いよく流れる水・その上に虹も。
ファンタジーの世界のようなスポットでした。
ツリーファンが茂って・・・熱帯の森の雰囲気

b0066502_10301440.jpg

[PR]
by may158 | 2008-12-20 09:58 | ニュージーランド | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://may158.exblog.jp/tb/10062368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamahon@京都 at 2008-12-20 13:36 x
本当に凄い凄いの連続ですね。素晴らしい10日間でしたでしょう。
でも、まだまだ続きそうです。この後も楽しみにお待ちします。
Commented by may158 at 2008-12-20 21:34
こんばんわ~、yamahonさん
サザンアルプス越えはとてもエキサイティングでした。
高山植物のような可憐な花もたくさん咲いてましたし氷河がから流れるお水なども飲んでみました。
ここの風景がダイナミックだったので終着?のミルフォードサウンドはちょっと平凡にも感じましたよ。
次にフィヨルドでのクルージングです(^^♪



Commented by kuma3 at 2008-12-22 07:53 x
これはまたスケールの大きい迫力ある写真ですね。
メイさんの写真にしては珍しいです。
それだけ実物は迫力あったということではないかと想像しました。
いいところですね。
Commented by メイ at 2008-12-22 18:31 x
kuma3さん、こんばんわ~
ニュージーランドはどこの国とも似ていない・・・なんていわれますが
自然の雄大なこと、まだ手つかずのままに・・と感じました。
ヨーロッパのアルプスは意外なところまでロープウェイやリフトでいけますがひたすら自分の足で歩かなくてはいけない・・・
とても魅力的でした。

サザンアルプスの連なりなどほんとに迫力がありましたが・・・
うまく撮れなくって残念でした。
その分胸に刻んできましたよ(>_<);
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 静謐なるフィヨルド NZ・・・世界一美しい散歩道 >>