人気ブログランキング |

NZ・・・世界一美しい散歩道

世界一美しい散歩道・・・・
こんな言葉で呼ばれるハイキングコースがミルフォードランド国立公園にあると知って6年余り・・
行きたい!、歩きたい!と思っていたコース
近くに住む友人夫婦は昨年4泊5日のこの道を歩きとおして素晴らしかったと・・・

今回は、1日だけの体験コース
それでも世界一美しいといわれるミルフォード・トラックを歩けるのはうれしい。

宿泊地のテ アナウから湖を船に乗って湖の北端へ
そこからミルフォード・トラックは始まる・・
b0066502_1937598.jpg

船からの眺め


b0066502_1939267.jpg

船を下りて上陸前に全員が靴底の消毒をしなければいけない。
洗剤の入った四角い盥で洗う・・・ここ数年自生以外の藻が入ってきているので
それを防ぐためとか・・・
厳しく自然は守られて。

日本の屋久島より雨量の多いところとか
鬱蒼とした森の木々はゴブリン モスやサルオガセとよく似たオールドマンズビアードが寄生して独特な眺め。
まずは森の中へ

b0066502_19513839.jpg

森を抜けると広い草地、そこにはミルフォードトラック4泊5日の1日目の宿となるロッジがあり
私たちはその食堂でランチ。
このトラックのハイキングは1日に総勢90人弱が入れるだけの・・・完全予約制。

b0066502_19591489.jpg

左手にクリントン川を見ながらまた森の中へと・・・

b0066502_201663.jpg

クリントン川にかかるつり橋、10人づつ渡ります。

b0066502_202287.jpg

今度は右手にクリントン川を見ながら進みます。
先頭を行くガイドの日本人女性ハナさん!
小鳥が絶え間なく鳴き
その鳴き声のまたなんとも美しいこと~
傍らの枝で鳴いてみたこともない姿の鳥たち。

b0066502_2065651.jpg

そして咲いてました(^^♪
見たいと願っていたグリーン・フッティド・オーキッド道沿いに次々と現れます。
受粉の仕組みが変わっているラン。
25センチまでの草丈。

b0066502_20111736.jpg

この森の中では南極ブナと呼ばれるビーチ類がほとんど。
その中で1本だけ見た白松・・・松とは思えないような姿。日本の松とは違うとか・・・
天辺が見えないほど高い・・・昔、堅い木ということで家具などに使われて切られたらしい。















b0066502_20163173.jpg

クリントン川の上流に向かって進みます。
光でなんとも美しい色の流れ
鵜の仲間のような水鳥も~


b0066502_20215271.jpg

森の中では南極ブナの赤ブナという樹齢600年余りという大木も。
みんなで記念写真~

b0066502_20232283.jpg

まるで熱帯のような・・・なんて思うほどシダ類が多く形がいろいろ。
これはクラウン・ファーンとよばれる。(王冠の形)

b0066502_20274913.jpg

森のミズゴケの中で小さな赤い実が光ってます。
色の対比が鮮やかでとても可愛い・・・ナーテラと呼ばれるアカネ科

b0066502_20311045.jpg

また初見の着生ラン
バンブー・オ^ッキッド
木の枝にぶら下がり茎が竹に似ることからの命名とか
小さなランが40個ほど咲いて房になってます。
近くには同じ着生ランのイースター・オーキッドも。
こちらはイースターのころに咲くとか。


ワクワクしながら木漏れ日を浴びながらの美しい散歩道
ミルフォード・トラック全行程の1日分だけの往復でしたが
初めて見る植物が多くて・・・・
いろいろ写したのですが今回はこの程度のご紹介(^^ゞ
またおいおい機会を見てと思います。


b0066502_2039616.jpg


2往復だけの船に乗って帰途に
記念にみんなで入り口(かえりぐち???)での撮影会。

もっと奥まで・・・4泊5日のお散歩が出来たら・・・・
夢です。
by may158 | 2008-12-17 20:42 | ニュージーランド | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://may158.exblog.jp/tb/10050121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nobkon2n at 2008-12-17 22:15
お帰りなさい
お帰りになって直ぐのUPすごいですねぇ。
どのお写真を見ても雄大で6年間メイさんが憧れていたとか!
解りますぅ・・・私なぞは夢に見ても 行けそうもありませんので
このブログで楽しませていただきますね 続き楽しみです。
Commented by 豆まま at 2008-12-18 08:48 x
ニュージーランドに行かれたと聞いて、楽しみにしていました!
最高の季節にいかれたんですね。いつもいつも見ているニュジーランドに住む日本人の方のHPで紹介される景色うっとりしながら楽しんでいたのですよ。 どの写真にも人がほとんど写っていませんね~  日本の観光地とは一味ちがいますね。

私にとっては今いちばん行きたい外国、でもまさに遠い遠い地です。
憧れの国の写真たのしみです♪
Commented by may158 at 2008-12-18 13:47
ノブコンさん、行って来ましたよ~(^^♪
いろいろ旅行社の説明会などにはいってましたが、今回やっと・・・
説明会でいろいろ言われるよりずっとかんたんに行けましたよ。
サンドフライなどの被害にもあわなくって・・・

関西からも2グループツアーが来ていてあちこちで会いました。
皆さんもう少し年長でハイキングは無しのようでしたが。

今回は私より一回り年上の兄嫁と一緒でしたがツアーの中では最年長
でも悠々楽しんでましたよ。

ここまでの2回は平坦な道のハイキング
最後のキーサミットは標高差名400mほど、結構なのぼりでしたが
花が咲いて疲れは感じなかった・・・・一推しのコースです。
また載せますからね~
Commented by may158 at 2008-12-18 13:51
豆君ママ~
近所の小林さんご夫妻が昨年12月、ミルフォードトラックを歩きとおされて写真やコースのCDロムを見せてくれて~(^^♪
なんとしても行きたいと思ってたところちょうど誘われてラッキーでした。
若い日本人があちこちで働いていて旅行者には何かと助かりました。

もう風景は雄大でさわやかでお勧め~!
ご主人様とぜひお出かけになってください。

まだまだ写真がありますから見てくださいね(*^_^*)
Commented by ララ at 2008-12-18 14:17 x
以前テレビで人数制限、予約制のこのコース、船を降りてから、靴を消毒していたのを見てびっくりした事を思い出しました。
ニュージーランドの徹底した自然保護は見習う所がありますね。
荒れてからでは遅すぎるのですから。

それにしても野生のラン、すごいです!
東京ドームのラン展でこういうのを見ましたが、実際に見るのってね、絶対感動、感動ですよね~!
ニュージーランド、私もかなり心を動かされてます(~o~)
Commented by may158 at 2008-12-18 19:52
ララさん(^^♪
今日は暖かな日となりましたね~
ふふぅニュージーランド並み・・・?
ミルフォードトラックは宿泊施設を利用して歩き通すのは1日に50人
私たちのような1日体験は40人だけが入れるようで14人に1人のガイドがつく決まりのようでした。17名のグループだったのでガイドは2人つきましたよ。
グループ間は10分の間隔をあけて出発。前のグループの声は聞こえないです。
もう自然を心底味わう???様な体制で自然保護も見事。

でもこのような国立公園以外は木を切り倒してすべて牧場・・・
自然破壊は最たるものとか・・・
それだけに守るべきところは守る・・・ということでしょう。

野性ラン見つけるとうれしいですね~(^^♪
まだあと白い可愛いランを2種類ほど見つけましたよ。
珍しいスパイダーオーキットも。これは黒っぽくてうまく写せなくってね。
ララさん、ハイキングコースでも大丈夫ですよ。
もう来年の入場の予約が始まっているとか・・・

旅行会社が枠を採っているのでしょうね。
今回はワールド航空という会社のツアーでしたが・・・
ララさんの街に住むご夫婦ともご一緒でしたよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< NZ ミルフォード・サウンドへの道 ニュージーランド、ハイキング・... >>