初春の色Ⅱ   2016,1,3 奈良にて

今回の奈良は西ノ京あたり(^^♪
京都から近鉄に乗って奈良へ、バスに乗り換えて西ノ京
まずは唐招提寺です。
朝のうちに訪ねたせいか人もあまり多くなくきりりとした空気が張りつめていいものでした。
「天平の後期、僧が戒律を学ぶための道場として創建された名刹(ガイドブックより)」
b0066502_12503284.jpg


戒壇
b0066502_12524446.jpg


b0066502_12545265.jpg

塀に沿って進むと開祖の鑑真和上の御廟へ

御廟までの道の両側はまさに若草色!
早春の色~苔の敷き詰めた庭(^^♪しばし佇んでしまいます。
b0066502_12585538.jpg





b0066502_1305730.jpg


廟も古木とコケに覆われてしっとりとした空気、歳月が醸し出す自然の美の中に・・・
b0066502_1322481.jpg

b0066502_1451377.jpg


建物に色彩が少ない中 金堂の鴟尾(しび)が青空で輝いてます。
b0066502_13121760.jpg



薬師寺へ
唐招提寺から800mほど歩いて薬師寺へ
道に沿っての小さな店や食べ物屋さんが並んでのんびりとあちこち立ち寄りながら・・・暖かな日でした。

b0066502_13264590.jpg

西ノ京のシンボルともいわれる西塔680年、天武天皇の発案により建立され以後何度も火災に遭って今のは昭和に入ってからの復元なそうです。
ひときわ色鮮やか


西塔をめぐる回廊
b0066502_13312198.jpg


b0066502_13485279.jpg

薬師寺金堂、読経の途中で撒かれる散華、しっかり2枚受け止めました(^^♪

b0066502_13335794.jpg

玄奘三蔵院、玄奘塔

南大門の仁王様
b0066502_13394132.jpg


唐招提寺と比べて賑やかでカラフルな薬師寺でした。

More法隆寺へ続きます
[PR]
# by may158 | 2016-01-16 13:16 | 奈良 | Trackback | Comments(4)

初春の色 Ⅰ 2016,1,2 京都大覚寺にて

今年も正月を一緒に過ごす次姉と京都に宿をとり、3日間の気ままな古都散策でした。

2日の午後の大覚寺。
神社に比べると参拝客はぐんと少なくてゆっくり(^^♪
途中の松尾大社付近では参拝客の車で道は大渋滞でした。

b0066502_9442191.jpg



b0066502_9451683.jpg

ウグイス張りの廊下…歩くたびにきゅっきゅと音がして・・・今でいうセキュリティシステム?

b0066502_9465629.jpg

朱塗りの回廊


b0066502_9473582.jpg

灯りの持つ神秘性・・・美しかったですよ~


b0066502_948454.jpg



明日も冬晴れでしょう、大徳寺の夕焼け
b0066502_9483015.jpg



付録・・・2009年5月、次女が時代祭に行ってこんな衣装を着たのも大覚寺でした。
b0066502_2194542.jpg


More 京の宿
[PR]
# by may158 | 2016-01-14 10:08 | 京都 | Trackback | Comments(4)

倉敷と岡山 (2015,10,30 &11,4)

11月の旅、広島県北への旅の前と後、倉敷と岡山をちょっと回ってきました。
倉敷!若いころに何度か行って懐かしい街・・・
東京から岡山空港へ、そこからリムジンバスで倉敷へ・・・
倉敷駅北口の風景です。
いつも車で行っていたので駅を見ることなどなかったのですが新しい感じ。
b0066502_18231326.jpg


真っ先に大原美術館へ~
懐かしい建物、懐かしい館内の名作の数々・・・
巡回展や特別展で出会った作品にもまた会えました。
そして工芸館もまた変わらない展示でそのままに・・・私の時計のタイムスリップ(^^ゞ
やはり素晴らしい美術館だと思いました。
b0066502_18323050.jpg

 
b0066502_18343197.jpg


そのあとは倉敷川沿いの美観地区をのんびりと(^^♪
b0066502_18364724.jpg

美術館正門並びのカフェ・・・ここも変わらずに。

b0066502_18391548.jpg


b0066502_18385152.jpg

大原家、別邸の有燐荘、緑の瓦が美しいです。

b0066502_1840668.jpg


岡山名物キビ団子でちょっとお茶を楽しんだお店、こんな壁が楽しい~

b0066502_18443692.jpg


続いてアイビースクエアへ
ここもまた懐かしいところです。親戚に英語読みするとアイビーになる苗字があって親戚みんなが何とも親しみを感じていました。
何も関係はなくこちらは倉敷紡績の跡地。
ちょうどアイビーが美しい色になって!
b0066502_18503428.jpg


この後は児島虎次郎記念館へ
大原美術館の創立にかかわった画家の作品も楽しみました。ここは初めて行ったような・・・
美術館のスタッフ、街で出会う人達、みな温かく観光客へ接して気持ちのいい街めぐり。
暗くなって岡山のホテルへ。普通電車で17分の距離でした。

岡山、後楽園、岡山城と続きます~

More 岡山後楽園とお城
[PR]
# by may158 | 2015-11-12 19:39 | Trackback | Comments(4)

11月の旅、広島県北、庄原市で(2015、11,1~4)

11月の旅といっても前日の広島市からの続きになりますが(^^ゞ
友人の庄原市にある故郷の家、旧家に3泊4日、お世話になりのどかな風景を堪能しました。
5人のネット友、さながら学生時代の合宿?という感じ!いつでもどこでもワイワイガヤガヤ…これがまた楽しい旅でした。

1日、広島から三次までローカル線に乗って。
三次市の奥田元宋・小由女美術館で今回のメンバー全員集合。

この地の出身の画家の自然を描いた日本画をみんなで鑑賞。絵の見事さもですが新しい美術館の建物もとても素敵で
細部まで見学!
建築家の仕事もまたなんて素敵なのかと~(^^ゞ…設計は柳澤孝彦氏
b0066502_13452254.jpg


東京で春に見たヘレン・シャルフベック展もここで再び見られて・・・(^^♪

美術館傍のワイナリーの庭では可愛いナンキンハゼの葉と実
b0066502_13514127.jpg


2日目はぜひ行きたいと念願だった帝釈峡へ!


神龍湖で水辺の美しい風景をます楽しんで
b0066502_1358433.jpg


b0066502_1405240.jpg

湖に浮かぶこのボート乗り場にはどんな行き方があるのでしょうね。

有名な雄橋あたりまで紅葉を堪能しながら散策です。
b0066502_1422658.jpg

反対側から眺めると・・・
b0066502_1453214.jpg


この辺りの山は石灰岩、このような地形ができやすいのだとか・・・・
鬼伝説もあるとかで鬼の唐門と呼ばれる岩も!
b0066502_1485369.jpg


白雲洞という呼ばれる鍾乳洞もあり楽しめました。

続きます!

More   百姓庵「紡」にて
[PR]
# by may158 | 2015-11-08 14:11 | 広島 | Trackback | Comments(10)

10月の旅…広島(2015,10,31)

11月にかけて友人たちと広島を旅しました。
なんとしても一度は行かなくっては…広島にはそんな思いがありました。
やっと今回 宮島観光の後、広島市内を見て回りました。といっても平和公園界隈、原爆ドームと
たまたまホテルがひろしま美術館の真正面だったことからこれもまた念願だったゴッホの絵を見ることができました。

b0066502_18594790.jpg

ホテル16階の窓からの眺め
奥の方に広島城が!
b0066502_1903124.jpg

ひろしま美術館 手前、円形の建物。
b0066502_1912411.jpg

ゴッホの「ドービニーの庭」もちろん実物は撮影禁止(^_-)入口のガラス絵ですがこの絵です。

夕暮れのドーム2景
b0066502_1923194.jpg


b0066502_193462.jpg


70年前の歴史的な数々の現場となった広島の川と平和公園あたり・・・
今はとても美しい夜景を見せてくれていました。

b0066502_19151035.jpg


b0066502_1915598.jpg


b0066502_19163351.jpg


宮島へ…続きます

More宮島で
[PR]
# by may158 | 2015-11-06 19:20 | 広島 | Trackback | Comments(6)

蓼科で(Ⅱ)・・・2015,10,14,15

b0066502_16543524.jpg


北八ヶ岳のロープウェオで2240mまで登り溶岩のごろごろした坪庭と高層湿原
そこから眺める360度の眺め

b0066502_16573592.jpg


b0066502_1658730.jpg


以前は夏に行ったので高山植物が楽しめたのですが今はもう枯野の風情

b0066502_16595813.jpg

唐松の黄葉の森の向こうには八ヶ岳

b0066502_1715441.jpg

南アルプス?方面も

b0066502_1732130.jpg

反対側には美ヶ原

b0066502_1745755.jpg

ロープウェイ正面からは北アルプス、中央アルプス、南アルプスと見えているのですが(^^ゞ

続きます(^^♪

More   ホテルハイジ
[PR]
# by may158 | 2015-10-19 17:07 | 長野 | Trackback | Comments(0)

10月の蓼科で(Ⅰ)・・・2015.10 .14,15

秋晴れの続く14日から15日、1泊で久しぶりの蓼科高原へドライブ旅行でした。
青空と道々の紅葉を楽しみながらの、のんびり旅。

ホテルチェックイン前に一見物(^^♪ビーナスラインから北八ヶ岳のロープウェイで坪庭。
チェックイン後は蓼科湖傍の彫刻公園
翌日は横谷峡(横谷渓谷)白樺湖、車山、霧ケ峰を回って帰りました。

まずは初めて行く横谷渓谷の記録から!
全長6キロの渓谷なのですが2キロ先の王滝展望台までの遊歩道のウォーキング。
いくつかの滝と渓谷をたのしむ紅葉の遊歩道、ゆっくりと森林浴を楽しみながらです。
b0066502_18532864.jpg

車道から階段を渓谷遊歩道へ降りて

b0066502_18535936.jpg

まずは勢いよく流れる乙女の滝。マイナスイオン20000と出ていました(^_-)

b0066502_1857872.jpg



b0066502_19212928.jpg



b0066502_18594551.jpg




b0066502_1904196.jpg

元気な姉と水辺まで下りて記念撮影(^^ゞ

b0066502_1964711.jpg

鷲岩…岩壁が何となくわしに見える???

b0066502_198450.jpg

我らが目的地~大滝

b0066502_199125.jpg

滝のそばの紅葉はひときわは鮮やかに見えます。


王滝から私だけ少し上って山へ…・魅力的な登山道でした(^_-)
b0066502_1925281.jpg




b0066502_19142927.jpg


ちょっとした落ち葉の広場!、桜の紅葉でしょうか。
[PR]
# by may158 | 2015-10-17 19:23 | 長野 | Trackback | Comments(2)

10月の富士山   2015,10,3

やっと秋晴れが続くようになって、10月の初めの週末は箱根に・・・
そこからですと1時間ちょっとで富士山五合目まで行けるので久しぶりに富士宮登山口までドライブ
2400mから宝永火口まで、6合目の山小屋を通って帰りました。
もうここから上は登山禁止の季節です。まだ冠雪は見られないのですが・・・

b0066502_15102555.jpg

富士山スカイラインから

b0066502_1513726.jpg

五合目駐車場付近の紅葉…・森林限界

b0066502_15145461.jpg

樹林帯の中を宝永火口を目指して!

b0066502_15155181.jpg

苔むした森の中、小さなアップダウンを繰り返して・・・

b0066502_15165436.jpg

樹林帯を抜けて火口までの登り道

b0066502_15182079.jpg

いつ来てもこの静かな風景には心揺さぶられる思い・・・宝永山は2693m

b0066502_15202428.jpg

こんなひと時を楽しむハイカーも(^^ゞ

b0066502_15223830.jpg

6合目の山小屋までの帰り道はもう林はなくって…かろうじて這い唐松が鮮やかな色に。
赤く見えている富士山頂は、左のピークは剣ヶ峰、真ん中に見えているのは8合目あたりとか・・・

b0066502_15234829.jpg

でも道の片側には真っ赤なコケモモがびっしりと稔ってかわいいこと~(^^♪

b0066502_1527533.jpg

6合目の山小屋が見えてきます。

唯一6合目の彩はオンタデの黄色・・・
b0066502_1528278.jpg


富士山が世界遺産になってからは初めて…2年ぶりでしょうか・・・
色々とトイレや標識も整備されて快適???でした。
そしてやはり広いな~と(^^ゞ

午後からは朝霧高原方面!

More 田貫湖、白糸の滝
[PR]
# by may158 | 2015-10-10 15:32 | 静岡 | Trackback | Comments(2)

9月の日光植物園    2015,9,16

10年ぶりの日光植物園へ、区の主催する植物教室に参加で行ってきました。
前回は初夏でちょうど花が咲きだしていろいろと見るものが多かったのですが今回は初秋。
秋の花、サワギキョウや、アケボノソウ、ミソハギ、キレンゲショウマなどが目立ちましたが初夏のようなにぎわいはなく静か・・・・
そんな中で木の実がはや色づいて(^^♪
それなりに楽しめました。
参考まで…・2006年6月2日「日光植物園」初夏の花がHPにあります。http://mayrose.fc2web.com/20060602.htm

秋の始まりの木々…マルバの木
b0066502_1875845.jpg


園内は広大な自然林とロックガーデン、芝生、ボグガーデンなどからなり2時間で1周~
池にも秋色が・・・
b0066502_1813156.jpg


今年はここでやっとオタカラコウに会えました。
b0066502_18143319.jpg


近くには初めて見るハンカイシオガマ・・・背の高い花の大きなシオガマです。ほとんど咲き終わり…最盛期にはさぞ大きな花ぶさだったのでは・・・
b0066502_18164661.jpg


小さな水辺を埋めて咲くワスレナグサ、世界中で咲くようで言葉は違ってもどれもワスレナグサの意味の名前なそうです。この上の方には赤いカンボクの実がたくさんあって・・・秋のワスレナグサを印象づけて!
b0066502_18222840.jpg


森の中は楽しい~(^^♪
大きな木の幹にこれまた大きな木の子、サルノコシカケではないようですがまるでテーブルのよう~
そして春にはスミレもこのテーブルで咲いた???
b0066502_18252544.jpg


山桜の樹皮、何とも正確な線が描かれてます。
b0066502_18274246.jpg

秋の定番サワギキョウ
b0066502_18333912.jpg


日光白根山がルーツ?シラネセンキュウ
小さな花が一つ一つとてもきれいです。
b0066502_183554.jpg


木の実   シロヤマブキ ハンカチの木
        カヤ      カンボク
b0066502_18382763.jpg


ツリバナ
ウメモドキ、 黄色いキノコ
b0066502_18385267.jpg


初めて見ましたツルガシワ…莢になった姿、ガガイモ科
b0066502_2135541.jpg


More  田母沢御用邸
[PR]
# by may158 | 2015-09-17 18:42 | Trackback | Comments(2)

カナディアンロッキーフラワーハイキング 5 (2915、初夏)

フラワーハイキングからちょうど今日で1月経ちます(^^ゞ

ハイキング最終回は、バンフの町にあるトンネルマウンテンへ。
今までの4回のハイキングはどれもエキサイティングでした。
今回のハイクは連続の興奮からのクールダウンのような感じで
和やかにメンバーが名残を惜しみながら(^^♪

標高差300mのトンネルマウンテンは「more」のページ置いて
まずはヒストリカル(歴史的???)ウォークに!
そういえば7月1日はカナダ建国150年でした。

b0066502_14371680.jpg

氷河から流れボウレイクへそこから延々美しい水の色をたたえてバンフの町を流れるボウリバー
町はずれ?にはボウホウルもある。

何より興味を引いたのはこの滝(ボウホウル)あたりが今は懐かしいマリリン・モンローが主演の「帰らざる河」
のロケ地でもあったということ(^_-)
モンローやエリザベステイラー、そしてヘップバーン、若いころほんとによく見た映画のヒロインたち。
青い河の流れや落差の小さな滝を見て50年にはなる若い日を思い出す(*^^)v


b0066502_1458448.jpg

この滝のあたりから山側に登って行くと
バンフの町のシンボル的な建物であるフェアモント・バンフ・スプリングス・ホテルがそびえたつ・・・
1887年に建築されたホテルでまるでお城のよう~
以前サンフランシスコのフェアモントホテルを食事やロビー見物?に出かけたことがあり、その豪華さ?にびっくりした思い出があり、ここでも何としてもお茶ぐらいはしたいと思って(^^ゞ
でもリュック姿の我らはセルフサービスのカフェテリアで束の間の休憩(^^ゞ


b0066502_151784.jpg

重厚な雰囲気のフロントやロビー
ここではハープがいつも演奏されているとか・・・

b0066502_1439387.jpg


カルガリーの空港に着いてまず目についたのは空港職員と思しき男性の何人かが同じカーボーイハットをかぶって仕事をしていて!
あっカナダなんだな~と思ったものです。

街中でも乗馬姿や馬車を見かけました。
ハイキングのトレイルにも馬用があるようです。
馬の落とし物らしきものもあって(^^ゞ

b0066502_1439223.jpg


ボウリバー沿いにはフラワーガーデンもあって!
カナディアンハウスとかの古い建物がカエデ模様の国旗をたなびかせていました。
旅の最後の宿となるホテルはブリュスター・マウンテンロッジ
バンフでは古くからの宿のようでこじんまりとして、原住民のアートなどがログハウス風の部屋に合ってました。
(左中段)ベッドカバーの模様はその一つ…インディアンの民芸品に見る模様。

入り口には大きな熊のぬいぐるみ・・・相棒さんはその膝に座って記念の1枚。

他にも見逃している歴史的な場所や建造物はあるのでしょうが…建国150年のこの国のロッキー山脈のふもとの町…日本のどの地方に行っても見かける寺や神社の歴史、諸々の史跡と比べるとあまりにも若い!
未来に向かって大きく開けている国…なんて思いました。

More  トンネルマウンテン
[PR]
# by may158 | 2015-08-06 16:08 | カナダ | Trackback | Comments(0)