ピレネー大自然の旅 Ⅲ (2016,6,28~7,7)

3回目。7月2日
今回からスペインピレネーでのハイキングになります。

テナ谷、長い名前のピエドロイータ―村から隣のチラマカスティージャという村まで!石造りのの小さな村からの出発
b0066502_22564410.jpg

中世のころからの魔女伝説も多い所とか(*_*;

ピレネーの山並みを向こう側にワイルドフラワーの咲き乱れる野の道を進みます!
b0066502_2259346.jpg


エキュウムが咲いてモウズイカ(バーバスカムとも)もあちこちで見かけます!
エリンジューム、カンパニュラ、アザミ、ノバラ・アストランティア、ナデシコの仲間、キンポウゲとにかくいろいろ咲いてます。マルタゴンリリーも(^^♪
b0066502_2344622.jpg
エリンジューム
b0066502_236233.jpg
モウズイカ

やがてヨーロッパでは屈指といわれるブナ林へ!今回のハイライトです!
b0066502_2391290.jpg

森の入り口では皆歓声を上げてましたよ~ふかふかのしっとりとした落ち葉の上を歩く心地よさ・・・

ヨーロッパブナでしょうか…日本とまたちょっと違って・・・?

こんなナス科の花も美しく~オオマルバノホロシ
b0066502_23211919.jpg

林床には艶のある葉が…なんとクリスマスローズが自生しているのでした(^^♪
b0066502_2312990.jpg

b0066502_23135524.jpg

思いがけず…クリスマスローズの自生する姿に会えて感激でした。古くから我が家にもある…と同じ種類です。
美しい森を後ろ髪惹かれる思いでぬけるとなんとマッチョなスペイン男性たちが!
森の整備でもする人たちでしょうか・・・同行の一人が勇敢にも写真撮影を頼んで(>_<)
b0066502_2319089.jpg


 moreに午後の散策が続きます

More 午後の散策
[PR]
# by may158 | 2016-07-16 23:25 | Trackback | Comments(7)

ピレーネ大自然の旅 Ⅱ (2016  6、28~7,7)

7月1日、
2回目のハイキングはフランス ピレネー山中のプチ トラン ダルトウスト」(トロッコ列車)に乗って
40分ばかり線路の片側、絶壁と深い谷、反対の山側は高山植物の咲くを楽しみながら2000mの終点へ!
そこからダム湖までのハイキングです。
b0066502_17105660.jpg


b0066502_17114811.jpg


発電用の人造湖ですが3000m級の山脈に囲まれてすがすがしい湖でした。珍しい高山植物が咲き乱れます。
b0066502_17155682.jpg


b0066502_17165415.jpg


b0066502_17173887.jpg


b0066502_17192455.jpg

こんな石灰岩の山肌で咲く花たち

b0066502_1722493.jpg


b0066502_17181320.jpg


b0066502_17222125.jpg


b0066502_17283674.jpg


More この後、スペイン側ピレネ-に
[PR]
# by may158 | 2016-07-13 17:31 | フランス | Trackback | Comments(14)

ピレネー大自然の旅Ⅰ (2016,6,28、~7,7)

いつもの旅行社からピレネーのハイキングにどうですかと誘われて・・・
そういえば子供のころに聞いた歌

ピレネーの山の男は いつも一人
雲の上で
霧に濡れ 星を数えて♪

こんな歌詞がメロディと共に浮かんであら、ロマンチック!・・・行ってみようかなと。
ちょっと遠かったのですがフランス・スペインとにまたがるピレネー山脈の山麓や中腹のハイキングを楽しんできました。

最初の大自然はフランス、ガヴァルニー圏谷、カールと呼ぶにはあまりにも大きいのだそうで…でもカールですよね(^^ゞ 6月30日のことです
2連泊のホテルはこのカール真正面に面して!(クリックで)
b0066502_16233037.jpg


翌朝はガイドの案内でさっそく奥の大滝までのハイキング、往復4時間ばかり・・・
小川沿いの道からスタートです。
b0066502_16253670.jpg


沢山の花々が咲き乱れる道の両側、早くもマツムシソウが一面に
ロバやウマに乗ってのハイカーも?皆フレンドリー(^^♪
b0066502_16283173.jpg


そして美しい森の中へ!青いゲラニュームも咲いてます。
ここには世界遺産の碑もありました。国立公園でよく管理されています。
b0066502_16302923.jpg


やがて滝のよく見える展望台へ!
ここの山小屋でランチの予定でしたが7月1日からの山開き前で営業していなくトイレも使えない・・・
ガイドが連絡してなんとかやっと午後に売店とトイレは使えるように・・
でもみんなニコニコ(^_-)
b0066502_1634295.jpg


滝の傍までは小川もあってその中の石を渡っていくのですがここでは私を含む3人だけがガイドと共に・・・
滝の近くではヤギも!
b0066502_16421256.jpg


アルペンローズの咲く傍らに座ってお弁当代わりのお菓子や飲み物を!
ホテルの朝の食事が充実していて皆タップリと食べているのであまり空腹は感じないのでした。

滝を見た後はゆっくりとホテルまで戻りますが道々の花が楽しく~(*^_^*)
初めて会った花だけですが
セントポーリアが岩に張り付くように咲いて! (後で旅行パンフなどではイワタバコの仲間と出ているのを見ましたした)そちらが正しい?
アフリカ原産なのですがフランスではここだけで咲くとか・・・自生地での初見。

b0066502_1648357.jpg


b0066502_16493396.jpg

サクラソウの仲間も

一面のキンポウゲ、いろいろな花の咲く草原と…ハクサンチドリやミズチドリなどのランも・・・
b0066502_1651479.jpg


そんな中に子供をロバに乗せたこれから登るファミリー
気持ちよく撮影をOK-してくれて(^^♪
b0066502_16542691.jpg

  
雪解け水の独特な色で流れる小川の畔はレースフラワー・・・
b0066502_16563073.jpg


山岳ガイドのスペイン人、ロカ、ピレネーの山の男???
b0066502_2012093.jpg

 
moreには前日のサンチャゴ巡礼路の町、サン・ベルトラン・ド・コマンジュの散策の様子など。

Moreサンチャゴ巡礼路の町
[PR]
# by may158 | 2016-07-10 17:01 | フランス | Trackback | Comments(10)

新潟花めぐり   ② (2016,6,4)

2日目のガーデンは北蒲原郡聖籠町の二宮家のバラ園へ・・・
豪農、二宮家のオープンガーデンです。
9代目当主の奥様が20年かけて趣味のバラを育てたガーデン。
二宮家庭園は日本庭園とバラ園からなりバラ園は個人の趣味がよくわかって親しみやすさがありました。
プロのつくり管理す前日の2つのガーデンとは明らかな違いがあり、白壁の蔵がいくつもある立地もまたユニークでした。

b0066502_2047287.jpg

延々続く二宮家の塀と門

b0066502_2048331.jpg

和風庭園、庭の先には弁天潟という8000坪の池があり二宮家の庭の借景となっています。

バラ園はたくさんの見学者でにぎわって!
b0066502_20525977.jpg


b0066502_20541881.jpg


色々な種類のバラが咲いているのですが気に入りのツルバラの部分だけのアップです(^^ゞ

b0066502_2124079.jpg


b0066502_20554276.jpg


そして何ともすごい広がりで咲くレースフラワー!!!オルレア
b0066502_2143034.jpg


b0066502_21342627.jpg


More あてま高原リゾートへ
[PR]
# by may158 | 2016-06-08 21:05 | 新潟 | Trackback | Comments(8)

新潟花めぐり ①

梅雨入り前に、友人と新潟県の4つのガーデンを訪ねる旅に参加しました。
都内ではほぼ終わりのバラが新潟県では真っ盛り、やはり雪国、日本海はちょっと開花に時差?があるようで
初めてのガーデンばかりでしたが花の色や香りに酔うような2日間でした。

初日はまず長岡市にある国営公園の越後丘陵公園のバラ園でした。
この公園は国営ということもあってとても広く、その上良く手入れされて立派でした。
バラ園は入り口近くに、続いて広い芝の広場、ラベンダー畑や里山フィールドなどみたい所ばかり・・・
今回はこのバラ園の国際コンクールの審査をなさるバラ研究家の野村和子先生同行のツアーなのでバラ園をじっくりということに(^^♪
b0066502_9431537.jpg


b0066502_944236.jpg

バラ園の概要は香りのバラ園・宿根草と薔薇の混触ガーデン・国際バラのコンクール試作場ということでした。
バラの香りのタイプ別に植栽されて美しくもアカデミック・・・
園内はどこもバラの香りが漂って夢見ごこち。
珍しい宿根草にも数々あえてこれも良し~(^^♪
初めて見る灌木・・・ディアボロ(アメリカテマリシモツケ)・・・白い花が咲き今は赤い実に
b0066502_1075164.jpg


b0066502_9445136.jpg

緑の千畳敷といわれる芝の丘、千畳よりはるかに広い…が実感(^^ゞ

*****  *******     *********      ***************
午後4時過ぎ、隣町見附市にあるここは新潟の小さな英国…とも呼ばれるイングリッシュガーデンへ!
蓼科のバラクライングリッシュガーデンオーナーのケイ山田さんの監修とか
市の管理で多くのボランティアに支えられているということ、市民のガーデンへの関心度がうかがわれて・・・(^^♪

ここでもバラがやはり見ごろで20数年前に英国のガーデンめぐりをした風景をまたみている思いでした。
赤レンガやアーチがちょっとクラッシックで薔薇もツルバラなどが多く懐かしい・・・

moreに続きます(^^♪

More
[PR]
# by may158 | 2016-06-07 10:55 | 新潟 | Trackback | Comments(4)

くさぶえの丘バラ園     2016 5 19

千葉県、佐倉市のくさぶえの丘
開園10年を迎えるバラ園、いつも行ってみたいと思いながらも機会がなかったのですが
バラ会に入っている友人に急遽誘っていただき往復5時間をかけてたづねてきました(^^♪

原種やオールドローズが多く全体に園内はやさしさにあふれていました。
b0066502_21421934.jpg


b0066502_21432159.jpg


b0066502_21442376.jpg


b0066502_2145214.jpg


b0066502_21473886.jpg


b0066502_21481194.jpg



b0066502_21494381.jpg


b0066502_22252579.jpg


b0066502_22255473.jpg


b0066502_2226445.jpg


b0066502_238452.jpg

久しぶりに見ましたハンニチバナ科のキスツス
あどけない感じが好きです(^^♪


バラと共に園内に植えられた花々は、バラを引き立て素敵でした。

more↓に少し花だけをアップします。

More
[PR]
# by may158 | 2016-05-19 21:56 | Trackback | Comments(8)

ゴールデンウィークは都心で  (2016,5,3)

b0066502_19554957.jpg


今年のGWは連日お天気に恵まれましたが例年のごとく毎日が休日のわが身、遠出はしなくて猫と留守番の毎日(^^ゞ
でもちょっと近場へ出かけることも・・・
友人に誘われて杉並公会堂のピアノコンサート、シューベルトが大好きというピアニストの演奏はやさしく心地いいものでした。
ワーグナーの熱狂的なファンはワグネリアンと知っていましたが今回のピアニスト2人はシューベルティアンとか初めて聞く言葉でした。

そして5月3日から5日までは丸の内界隈での音楽祭!ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン
フランス発祥のクラッシク音楽がメインの音楽祭です。
銀座や日比谷でも協賛のコンサートもあって今年で11回目
3日にカメラを片手に出かけてきました。
コンサート会場が多い丸の内仲街通り・・・なぜか虎が(^^♪

b0066502_1957328.jpg

気に入りのブリックスクウェア、マロニエの咲くスクウェアでは女性がサキソフォンの演奏、グリークだったか自然がテーマの音楽ばかり(^^♪・・・無料の演奏に皆思い思いの姿で鑑賞~
b0066502_19574963.jpg


日本で開催を始めたご本家、新丸ビルでは芸大の学生によるピアノ、3階のアリーナから鑑賞
その向かいのビル前ではでは4人の金管楽器の演奏!緑の並木が美しく風も心地いい~

b0066502_19581930.jpg

パーカッションで出演でしょうか…海外からの出演も!
演奏は聞き逃しました(^^ゞ

b0066502_19595941.jpg


b0066502_203548.jpg

この通りのハンギングバスケット、毎年楽しみで見ます。
長く続いてさすが丸の内と思ってしまう(*^_^*)

b0066502_2033779.jpg

新丸ビルで軽いランチを取ったカフェの真正面は東京駅。
しみじみと眺め写しました~

b0066502_2043386.jpg


有楽町、銀座と、音楽祭は広がっているようで・・・
こんな変ったビルも。銀座マロニエの並木の通りに立っていました。
この形どんなメリットがあるのか・・・・?
b0066502_2051286.jpg


銀座、数寄屋橋交差点の一角に新しくできたプラザの屋上でもコンサート。
ここは時間が合わなくてパス。
でも壁面の植物は素敵でした。
ここからは熊本県のアンテナショップが道路を挟んで見下ろせます。沢山の客が行列をして・・・
地震災害の何か手助けになればという思いからなのでしょう。
 
b0066502_2063939.jpg


今回は無料のコンサートだけを楽しみました。45分という長さがいろいろな会場を回れてコンサートを楽しめました。
楽しかったのでまた翌日も…なんて思いはありましたが体がついて行けそうにもなく(^^ゞ
また来年もとは思っています。
[PR]
# by may158 | 2016-05-06 20:53 | 都内で | Trackback | Comments(2)

花見!いろいろ(2016,4,1~14)

今年の春は桜の開花が早くって(^^♪
3月末のスキーから帰ると早くも家の周りで咲き出してました。

b0066502_18193326.jpg

近くの遊歩道で孫たちと早速お花見です。
遊歩道沿いの俳優さんご夫婦の飼っている犬、花見客をベランダから見下ろして!
白い秋田犬でしょうか…大型犬


b0066502_1824824.jpg

区内には桜…の付いた町名が結構あって・・・
そんな町の桜並木…小学校の入学式の日でした。
初めて見る赤いシャクナゲ風の花も


b0066502_18264799.jpg

久しぶりに砧ファミリーパークの桜もみました。
古木の大きな木が見事でその下ではお花見の宴が始まっていて(^^♪


b0066502_18272291.jpg

大島桜も結構多くってピンクのソメイヨシノと


b0066502_1829162.jpg

よく行く新宿御苑です。
もうソメイヨシノは終わり八重桜がいろいろと咲いてました。
相変わらず海外からの観光客が多いですが今年は東洋人以外の人がとても目立ちました。


4月も中旬、箱根の桜です。
ここはまだソメイヨシノも枝垂れ桜も見ごろ、山の中ではマメザクラが可愛く咲いてました
b0066502_1911686.jpg



湿生花園
右下;いつも行くホテルのロビーからガラス越しに見る白い枝垂れ桜・・・
なかなか見ごろに出合えなかったのですが今回はまぁまぁの時に(^^ゞ


b0066502_1911508.jpg

標高が高いからでしょうか、、、まだまだ早春の佇まいも・・・
コブシが咲いていました。

b0066502_1927645.jpg

4月も後半になりました。
若葉が美しく初夏へと向かっています。
14日に始まった熊本県の地震、1日も早い終息を心から願います。
[PR]
# by may158 | 2016-04-21 19:27 | 都内で | Trackback | Comments(0)

3月の岩手で(安比高原と盛岡)   2016,3,18~23

お彼岸に入っての18日、恒例の安比スキーへ
例年よりは暖かいため
スキー場の雪のコンディションは良くない・・・
ところどころブッシュがのぞいたり緩んだ雪はべたべた重い・・・
小雨だったりたまに雪がちらついて曇り空が多い。
ホテルのラウンジから景色を眺めたり雑誌を手にして過ごすことも多かったです。
もちろんどんな天候でも張り切って滑っている人は多いのですが(^^ゞ
b0066502_22203431.jpg


b0066502_22223617.jpg

道路を挟んで向こうに見えるホテル従業員の宿舎

b0066502_22253042.jpg


夜はホテル内のプールバーでのライブコンサートも開かれて・・
なんでも岩手では有名なミュージシャンとか。
自作の曲やアメリカンのスタンダードナンバーなどもあり結構楽しめました。
b0066502_22321220.jpg


いつものスキー仲間とまぁよくお酒を飲みましたが今年は徹底して日本酒!
各地から集まるメンバーがそれぞれの土地のご自慢を持ち寄るのでさしずめ利き酒大会(^_-)
定宿のこのホテルタワーでのことでした。
b0066502_14112754.jpg


5日間はそれでも毎日滑りましたが最終日は早くから盛岡へ出て街歩きを楽しみました。
小雪もちらつく城下町、学生時代の友人の実家の老舗なども。
盛岡城跡公園や古い建物などの街並みも眺めながら・・・
街中を流れる中津川、岩手銀行本店[国指定 有形文化財]・・・東京駅と同じ様式?
信用金庫の白い建物
b0066502_22474037.jpg


中津川沿いには大好きな画家・深沢紅子野の花美術館!
小さな野の花の絵は大好きで絵葉書などで楽しんでいましたのでたくさんの原画に会えてラッキーでした。
そして街でちょっと覗いた画廊ではこれもまた大好きな駒井哲郎の版画展!
b0066502_22554293.jpg


盛岡城跡公園、岩手山も見える高台
石川啄木の歌碑も建っていて・・・
  不来方のお城の草に寝転びて空に吸われし十五のこころ 啄木

15歳…半世紀以上も前のわが心は・・・なんて思ってみる(^^ゞ
b0066502_2393094.jpg


半日ばかりの盛岡の街、以前にも歩いてはいるのですが東北の震災の跡は見えなくって落ち着いた北の街
またいつかこんな風に歩くことがあるのか・・・

野の花美術館では絵葉書など買った後スタッフとはや咲き出したヤマブキの花などを見ながらおしゃべり・・・
お財布を置き忘れ、駅に帰るバスの中で気が付いて慌てて戻った(>_<)
よそで落としてなくってほんとに助かった・・・
きっと戻ってこられると思ってましたよ~なんて、のんびりとした口調で言われて・・・
盛岡の思い出です。

この街の母なる山・岩手山(安比からの眺め)
b0066502_11371895.jpg

[PR]
# by may158 | 2016-03-24 23:19 | 東北 | Trackback | Comments(14)

初春の色 Ⅲ  (2016,1、4) 渉成園(枳殻邸)

前日の奈良はお寺ばかりまわって・・・
最後の日はまた京都、東本願寺別邸の渉成園へ。
昨年も旅の最終日に行ってみたのですがちょうど雪が降った後で(関係ないかも)もう閉まっていて
入ることができませんで・・・今度こそはと午前中に行きました。
b0066502_2212549.jpg


門を入ってすぐ目につくのが高石垣
大きな不揃いの石が組まれて…整然とした京都の庭ではちょっと異色な感じです。
なんでも2度の火災に遭ってその時に残った材料で作られたとか・・・
アートになってますね~
b0066502_22203729.jpg



貴族や大名の屋敷ではなく宗教家の屋敷ということでちょっと異色でしょうか。
別名この園は昔はカラタチバナの生け垣に囲まれていたことから通称 枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれていて・・・

のどかな雰囲気の庭園
b0066502_22221063.jpg


反った橋のかかる池
b0066502_22242019.jpg


b0066502_22245167.jpg

屋根のある橋・・・

b0066502_22254326.jpg

芝の広がる庭を池越しに。

橋を渡った島には茶室
b0066502_22325038.jpg


春からは花もいろいろと楽しめるようで駅からも近くでちょっと京都で花を!にはいいところでしょうかね。
立派な花のパンフレットもいただけます。

More   余禄~
[PR]
# by may158 | 2016-01-21 22:47 | 京都 | Trackback | Comments(4)