オフ会 (2016,9,29~9,30)

久しぶりのオフ会!
横浜のホテルに1泊、翌日は東京に出てはとバスの半日東京巡り~
2日間の記録です。
関西から3人関東が3人、そして北海道からも1人。ネットが生活に入ってきて16年経ちました。
そして知り合った友人の皆さん!(^^)!
こうしてまた元気で集えることがとてもうれしくって、感謝です。

横浜で 9月29日 曇り空でしたがなんのその~(*^^)v
みなとみらいのホテルとその周辺で・・・
b0066502_1148171.jpg



はとバス東京半日巡りで 9月30日
b0066502_11501093.jpg


皇居、浅草、銀座などドライブで、最後は東京タワーと回りました。
東京タワーでは眺望とおしゃべりに夢中で写真は一枚も写さなくって(^-^;・・
[PR]
# by may158 | 2016-10-03 11:54 | 横浜 | Trackback | Comments(12)

ピレネー大自然の旅、こぼれ話・・・・8月30日

8月はリオ オリンピックに夢中でアッ、という間に過ぎた感じです。
山も箱根の行き慣れたコースを散策?程度でした。
7月の旅ピレーネの記録はハイキングをおもに取り上げましたが初めてのスペインでのこと、もうちょっとあれこれ残して(^^♪、、、こぼれ話という感じです。

旅で知り合った方たちからは素晴しい写真をいただいて・・・
こんな素敵な風景だったと改めて思うことが多い(^_-)
私ときたら花が中心、下ばかり向いて歩いていたよう・・・

ピレネーの山並みは石灰岩で白く鋭くそびえて…・450㎞続いているそうで・・・
唯一その一部を写しもの
b0066502_10224916.jpg


午前中はハイキング、ゆっくりの昼食(2時過ぎから)の後はロマネスク様式の教会を訪ねることが多かったです。
なかでも最後に行った中世の村、ロダ・デ・イサベナ
現在は人口65人・・・・大聖堂を守っているとか、、、、。
修道院もあって、今はその食堂は一般も利用ができてなんだか威厳があって映画の世界のようでした。
料理はおいしくって特にデザートは懐かしいプリンなど・・・
b0066502_11463287.jpg


b0066502_10382161.jpg



左上の男の子、家族での観光客ですが一人すねて座り込み、とてもかわいくて写させていただきました。

b0066502_10465568.jpg

スペインのホテルはどこも清潔で親切、よかったです。
リゾート内だったり国営ホテル、パラドール・・・以前からとまってみたいと思っていました。
今回のパラドールは歴史的な建物の都市部とは違って今風のアメリカンタイプでしたが旅の後半ではゆっくりと休めました。

パラドールにとまった一日目の夕食は山腹にあるホテルから下の町のレストランへ!
カタルーニヤ風?
素敵なレースのランプシェードがいいな~
欲しい…なんて思いましたが(^^ゞ
b0066502_1057850.jpg


b0066502_1144684.jpg

石造りの村では塀の上に置く花ポットはこんなビニール製も・・・・割れないって大切。

同じ村で・・・
b0066502_19522073.jpg

黄色いポスト。ポストとしては初めて見た色なもので(^^ゞ

帰国前夜はバルセロナに近いカステル・デ・フェルス。
ロビーからのバルセロナの海・・・・
山ばかりの中を歩いた旅だったのでその広がりには海もいいな~なんて感慨が(^_-)
b0066502_1113568.jpg

ガイドによるとスペイン人はよく泳ぐとか・・・
海を見下ろすホテルのプールは先ほどまで賑わってました。
b0066502_11173417.jpg

旅仲間になったみなさん、写真をいろいろと送ってくださって・・・
花が中心の旅をしていた私にはいろいろな観点の旅を楽しんでいる方々とのふれあいは収穫が大きかった!なんて思うのです。

またこんな旅に飛び出したいものです。

ベテラン添乗員による適切なイフォメーションも充実した旅に・・・(^^♪

頂いた写真ばかりですが・・・
ほとんどが同年齢で旅が大好きで次は南極へとか、フィッツロイ(チリ)とか元気です。
話を聞くだけでこちらも元気をいただけます。

7日間バスを運転してくれた赤いシャツのデイゴ、スペイン人で40歳。
バス会社の御曹司とか・・・バスが好きでということ。
スペイン語で身振り手振りで話してみましたが半分も通じない…でも親切でいいドライバー
分かったことの一つにお母さんは58才だと・・・若いのですね~
b0066502_11304464.jpg


帽子を忘れたテラスでのランチ、急遽紙ナプキンで日よけを(>_<)
アラブ風?なんてみんなの結構な被写体に、
今でも笑らってしまうのです。

東京からの参加3人、気が合ってご一緒することが多くて・・・
皆さん私よりは年長ですがとてもお元気、みんな山女???自称です。
b0066502_160272.jpg



moreに続きます(^^ゞ

More レジ袋
[PR]
# by may158 | 2016-08-30 10:36 | Trackback | Comments(2)

ピレネー大自然の旅 Ⅴ (2016,6,28~7,7)

7月4日
旅も終盤にかかり最終のハイキングです。
アイグエストルデス国立公園で長い名前です(^^ゞ
前日から宿泊のビエリアのパラドールからポイ谷へ、そこからミニバンに乗り換えて公園へ・・・
曲がりくねった山道を公園内専用の車で登って行きます。

b0066502_22213179.jpg

車を降りた地点の展望テラス。今まで登ってきたポイ谷方面、3000m級の山々が見えてます。

b0066502_2223342.jpg

展望テラスとは反対の山側へと。美しいせせらぎに沿った木道へ!
ガイドの説明で木々や花や動物に関しての説明を受けます。
ガイドのアベル、スペイン人で英語を話します。

b0066502_22233720.jpg

静かに流れるせせらぎ…その中に倒木が白く目立って。

b0066502_2225576.jpg



せせらぎの傍で咲くオダマキとキンポウゲ
b0066502_22274299.jpg



b0066502_22285258.jpg


More   続きます
[PR]
# by may158 | 2016-07-25 22:38 | スペイン | Trackback | Comments(2)

ピレネー大自然の旅 Ⅳ(2016,6,28,7,7)

b0066502_10582958.jpg


7月3日はテナ谷のパンティコッサから次の宿泊地ビエリアへの移動日です。
途中アラゴン王国のアインサに寄っての散策です。

高台に旧市街地がいまだそのままに残る・・・・中世のフランスに対する要塞の村。

高台へとバスが登って行く途中目に飛び込んできたのは古い要塞の石壁を背景に鮮やかな紫の大きな花、
アーティーチョークの花でしょうか・…天に向かって咲て。
ヨーロッパでもこのあたりが原産地とか・…つぼみを食べるのですが見事花になっているのでした(^^♪


b0066502_1115871.jpg

アインサ…スペインの美しい村に選ばれているアラゴン王国だったところ(11世紀)当時の要塞がそのままに旧市街地となっている可愛い村・・・人気の村でした。
サンチャゴ巡礼地で左上の黄色の立札がその印・・・
砦からの眺め・…当時のフランスに対しての要塞だったようです。

b0066502_1134491.jpg

要塞の一角にあるマイヨール広場のプレート・・・

b0066502_1143253.jpg

マリア教会のロマネスク様式の見えるマイヨール広場

b0066502_1151778.jpg

広場は花が窓に飾られる石造りの建物に囲まれて・・・そこから2本の石畳の通りが、ゆるくまがって伸びています。
中世の村そのままに
夏休みに入った中学生ぐらいの子たちがお店を覘いて・・・入らなかったのですが若いこのグッズでも売っているのか・・・


b0066502_117945.jpg



b0066502_1183245.jpg



b0066502_11193124.jpg



b0066502_11284562.jpg
広場の建物のアーケード内のレストランでご当地のお任せランチ
暑い日でからからに乾燥、…ビールやお店のサービスのロゼワインで乾杯~
典型的なスペイン?アラゴン地方の料理でしょうか。
生ハムやサーモンのマリネの前菜、エビのフリッターや特産のソーセイジ、タパス、そして日本でもおなじみのパエリア・・・・一人分づつ盛られて出てきました。
これはほんとにおいしかった(^_^)/
そして最後はデザート、大きなパンもつきました。
たっぷりのランチの後は村を見学するのが億劫に(^^ゞ・・・
スペインのシェスタ(昼寝の習慣)の存在理由???がわかったような。
そんなわけで美しい村の散策画像は写しそこなったよう・・・((+_+)
私たちの隣のテーブル…静かに食事、ボーイさんがこちらのテーブルが気になっているようでした!
b0066502_1173299.jpg


b0066502_11345879.jpg
要塞の入り口ではギターを弾く人・・・いい声で歌います。
吟遊詩人と呼ばれたのはこんな人だったのか…中世(日本では奈良時代から…)の村で思いました。
[PR]
# by may158 | 2016-07-21 12:31 | Trackback | Comments(8)

ピレネー大自然の旅 Ⅲ (2016,6,28~7,7)

3回目。7月2日
今回からスペインピレネーでのハイキングになります。

テナ谷、長い名前のピエドロイータ―村から隣のチラマカスティージャという村まで!石造りのの小さな村からの出発
b0066502_22564410.jpg

中世のころからの魔女伝説も多い所とか(*_*;

ピレネーの山並みを向こう側にワイルドフラワーの咲き乱れる野の道を進みます!
b0066502_2259346.jpg


エキュウムが咲いてモウズイカ(バーバスカムとも)もあちこちで見かけます!
エリンジューム、カンパニュラ、アザミ、ノバラ・アストランティア、ナデシコの仲間、キンポウゲとにかくいろいろ咲いてます。マルタゴンリリーも(^^♪
b0066502_2344622.jpg
エリンジューム
b0066502_236233.jpg
モウズイカ

やがてヨーロッパでは屈指といわれるブナ林へ!今回のハイライトです!
b0066502_2391290.jpg

森の入り口では皆歓声を上げてましたよ~ふかふかのしっとりとした落ち葉の上を歩く心地よさ・・・

ヨーロッパブナでしょうか…日本とまたちょっと違って・・・?

こんなナス科の花も美しく~オオマルバノホロシ
b0066502_23211919.jpg

林床には艶のある葉が…なんとクリスマスローズが自生しているのでした(^^♪
b0066502_2312990.jpg

b0066502_23135524.jpg

思いがけず…クリスマスローズの自生する姿に会えて感激でした。古くから我が家にもある…と同じ種類です。
美しい森を後ろ髪惹かれる思いでぬけるとなんとマッチョなスペイン男性たちが!
森の整備でもする人たちでしょうか・・・同行の一人が勇敢にも写真撮影を頼んで(>_<)
b0066502_2319089.jpg


 moreに午後の散策が続きます

More 午後の散策
[PR]
# by may158 | 2016-07-16 23:25 | Trackback | Comments(7)

ピレーネ大自然の旅 Ⅱ (2016  6、28~7,7)

7月1日、
2回目のハイキングはフランス ピレネー山中のプチ トラン ダルトウスト」(トロッコ列車)に乗って
40分ばかり線路の片側、絶壁と深い谷、反対の山側は高山植物の咲くを楽しみながら2000mの終点へ!
そこからダム湖までのハイキングです。
b0066502_17105660.jpg


b0066502_17114811.jpg


発電用の人造湖ですが3000m級の山脈に囲まれてすがすがしい湖でした。珍しい高山植物が咲き乱れます。
b0066502_17155682.jpg


b0066502_17165415.jpg


b0066502_17173887.jpg


b0066502_17192455.jpg

こんな石灰岩の山肌で咲く花たち

b0066502_1722493.jpg


b0066502_17181320.jpg


b0066502_17222125.jpg


b0066502_17283674.jpg


More この後、スペイン側ピレネ-に
[PR]
# by may158 | 2016-07-13 17:31 | フランス | Trackback | Comments(14)

ピレネー大自然の旅Ⅰ (2016,6,28、~7,7)

いつもの旅行社からピレネーのハイキングにどうですかと誘われて・・・
そういえば子供のころに聞いた歌

ピレネーの山の男は いつも一人
雲の上で
霧に濡れ 星を数えて♪

こんな歌詞がメロディと共に浮かんであら、ロマンチック!・・・行ってみようかなと。
ちょっと遠かったのですがフランス・スペインとにまたがるピレネー山脈の山麓や中腹のハイキングを楽しんできました。

最初の大自然はフランス、ガヴァルニー圏谷、カールと呼ぶにはあまりにも大きいのだそうで…でもカールですよね(^^ゞ 6月30日のことです
2連泊のホテルはこのカール真正面に面して!(クリックで)
b0066502_16233037.jpg


翌朝はガイドの案内でさっそく奥の大滝までのハイキング、往復4時間ばかり・・・
小川沿いの道からスタートです。
b0066502_16253670.jpg


沢山の花々が咲き乱れる道の両側、早くもマツムシソウが一面に
ロバやウマに乗ってのハイカーも?皆フレンドリー(^^♪
b0066502_16283173.jpg


そして美しい森の中へ!青いゲラニュームも咲いてます。
ここには世界遺産の碑もありました。国立公園でよく管理されています。
b0066502_16302923.jpg


やがて滝のよく見える展望台へ!
ここの山小屋でランチの予定でしたが7月1日からの山開き前で営業していなくトイレも使えない・・・
ガイドが連絡してなんとかやっと午後に売店とトイレは使えるように・・
でもみんなニコニコ(^_-)
b0066502_1634295.jpg


滝の傍までは小川もあってその中の石を渡っていくのですがここでは私を含む3人だけがガイドと共に・・・
滝の近くではヤギも!
b0066502_16421256.jpg


アルペンローズの咲く傍らに座ってお弁当代わりのお菓子や飲み物を!
ホテルの朝の食事が充実していて皆タップリと食べているのであまり空腹は感じないのでした。

滝を見た後はゆっくりとホテルまで戻りますが道々の花が楽しく~(*^_^*)
初めて会った花だけですが
セントポーリアが岩に張り付くように咲いて! (後で旅行パンフなどではイワタバコの仲間と出ているのを見ましたした)そちらが正しい?
アフリカ原産なのですがフランスではここだけで咲くとか・・・自生地での初見。

b0066502_1648357.jpg


b0066502_16493396.jpg

サクラソウの仲間も

一面のキンポウゲ、いろいろな花の咲く草原と…ハクサンチドリやミズチドリなどのランも・・・
b0066502_1651479.jpg


そんな中に子供をロバに乗せたこれから登るファミリー
気持ちよく撮影をOK-してくれて(^^♪
b0066502_16542691.jpg

  
雪解け水の独特な色で流れる小川の畔はレースフラワー・・・
b0066502_16563073.jpg


山岳ガイドのスペイン人、ロカ、ピレネーの山の男???
b0066502_2012093.jpg

 
moreには前日のサンチャゴ巡礼路の町、サン・ベルトラン・ド・コマンジュの散策の様子など。

Moreサンチャゴ巡礼路の町
[PR]
# by may158 | 2016-07-10 17:01 | フランス | Trackback | Comments(10)

新潟花めぐり   ② (2016,6,4)

2日目のガーデンは北蒲原郡聖籠町の二宮家のバラ園へ・・・
豪農、二宮家のオープンガーデンです。
9代目当主の奥様が20年かけて趣味のバラを育てたガーデン。
二宮家庭園は日本庭園とバラ園からなりバラ園は個人の趣味がよくわかって親しみやすさがありました。
プロのつくり管理す前日の2つのガーデンとは明らかな違いがあり、白壁の蔵がいくつもある立地もまたユニークでした。

b0066502_2047287.jpg

延々続く二宮家の塀と門

b0066502_2048331.jpg

和風庭園、庭の先には弁天潟という8000坪の池があり二宮家の庭の借景となっています。

バラ園はたくさんの見学者でにぎわって!
b0066502_20525977.jpg


b0066502_20541881.jpg


色々な種類のバラが咲いているのですが気に入りのツルバラの部分だけのアップです(^^ゞ

b0066502_2124079.jpg


b0066502_20554276.jpg


そして何ともすごい広がりで咲くレースフラワー!!!オルレア
b0066502_2143034.jpg


b0066502_21342627.jpg


More あてま高原リゾートへ
[PR]
# by may158 | 2016-06-08 21:05 | 新潟 | Trackback | Comments(8)

新潟花めぐり ①

梅雨入り前に、友人と新潟県の4つのガーデンを訪ねる旅に参加しました。
都内ではほぼ終わりのバラが新潟県では真っ盛り、やはり雪国、日本海はちょっと開花に時差?があるようで
初めてのガーデンばかりでしたが花の色や香りに酔うような2日間でした。

初日はまず長岡市にある国営公園の越後丘陵公園のバラ園でした。
この公園は国営ということもあってとても広く、その上良く手入れされて立派でした。
バラ園は入り口近くに、続いて広い芝の広場、ラベンダー畑や里山フィールドなどみたい所ばかり・・・
今回はこのバラ園の国際コンクールの審査をなさるバラ研究家の野村和子先生同行のツアーなのでバラ園をじっくりということに(^^♪
b0066502_9431537.jpg


b0066502_944236.jpg

バラ園の概要は香りのバラ園・宿根草と薔薇の混触ガーデン・国際バラのコンクール試作場ということでした。
バラの香りのタイプ別に植栽されて美しくもアカデミック・・・
園内はどこもバラの香りが漂って夢見ごこち。
珍しい宿根草にも数々あえてこれも良し~(^^♪
初めて見る灌木・・・ディアボロ(アメリカテマリシモツケ)・・・白い花が咲き今は赤い実に
b0066502_1075164.jpg


b0066502_9445136.jpg

緑の千畳敷といわれる芝の丘、千畳よりはるかに広い…が実感(^^ゞ

*****  *******     *********      ***************
午後4時過ぎ、隣町見附市にあるここは新潟の小さな英国…とも呼ばれるイングリッシュガーデンへ!
蓼科のバラクライングリッシュガーデンオーナーのケイ山田さんの監修とか
市の管理で多くのボランティアに支えられているということ、市民のガーデンへの関心度がうかがわれて・・・(^^♪

ここでもバラがやはり見ごろで20数年前に英国のガーデンめぐりをした風景をまたみている思いでした。
赤レンガやアーチがちょっとクラッシックで薔薇もツルバラなどが多く懐かしい・・・

moreに続きます(^^♪

More
[PR]
# by may158 | 2016-06-07 10:55 | 新潟 | Trackback | Comments(4)

くさぶえの丘バラ園     2016 5 19

千葉県、佐倉市のくさぶえの丘
開園10年を迎えるバラ園、いつも行ってみたいと思いながらも機会がなかったのですが
バラ会に入っている友人に急遽誘っていただき往復5時間をかけてたづねてきました(^^♪

原種やオールドローズが多く全体に園内はやさしさにあふれていました。
b0066502_21421934.jpg


b0066502_21432159.jpg


b0066502_21442376.jpg


b0066502_2145214.jpg


b0066502_21473886.jpg


b0066502_21481194.jpg



b0066502_21494381.jpg


b0066502_22252579.jpg


b0066502_22255473.jpg


b0066502_2226445.jpg


b0066502_238452.jpg

久しぶりに見ましたハンニチバナ科のキスツス
あどけない感じが好きです(^^♪


バラと共に園内に植えられた花々は、バラを引き立て素敵でした。

more↓に少し花だけをアップします。

More
[PR]
# by may158 | 2016-05-19 21:56 | Trackback | Comments(8)