カテゴリ:東北( 51 )

3月の岩手で(安比高原と盛岡)   2016,3,18~23

お彼岸に入っての18日、恒例の安比スキーへ
例年よりは暖かいため
スキー場の雪のコンディションは良くない・・・
ところどころブッシュがのぞいたり緩んだ雪はべたべた重い・・・
小雨だったりたまに雪がちらついて曇り空が多い。
ホテルのラウンジから景色を眺めたり雑誌を手にして過ごすことも多かったです。
もちろんどんな天候でも張り切って滑っている人は多いのですが(^^ゞ
b0066502_22203431.jpg


b0066502_22223617.jpg

道路を挟んで向こうに見えるホテル従業員の宿舎

b0066502_22253042.jpg


夜はホテル内のプールバーでのライブコンサートも開かれて・・
なんでも岩手では有名なミュージシャンとか。
自作の曲やアメリカンのスタンダードナンバーなどもあり結構楽しめました。
b0066502_22321220.jpg


いつものスキー仲間とまぁよくお酒を飲みましたが今年は徹底して日本酒!
各地から集まるメンバーがそれぞれの土地のご自慢を持ち寄るのでさしずめ利き酒大会(^_-)
定宿のこのホテルタワーでのことでした。
b0066502_14112754.jpg


5日間はそれでも毎日滑りましたが最終日は早くから盛岡へ出て街歩きを楽しみました。
小雪もちらつく城下町、学生時代の友人の実家の老舗なども。
盛岡城跡公園や古い建物などの街並みも眺めながら・・・
街中を流れる中津川、岩手銀行本店[国指定 有形文化財]・・・東京駅と同じ様式?
信用金庫の白い建物
b0066502_22474037.jpg


中津川沿いには大好きな画家・深沢紅子野の花美術館!
小さな野の花の絵は大好きで絵葉書などで楽しんでいましたのでたくさんの原画に会えてラッキーでした。
そして街でちょっと覗いた画廊ではこれもまた大好きな駒井哲郎の版画展!
b0066502_22554293.jpg


盛岡城跡公園、岩手山も見える高台
石川啄木の歌碑も建っていて・・・
  不来方のお城の草に寝転びて空に吸われし十五のこころ 啄木

15歳…半世紀以上も前のわが心は・・・なんて思ってみる(^^ゞ
b0066502_2393094.jpg


半日ばかりの盛岡の街、以前にも歩いてはいるのですが東北の震災の跡は見えなくって落ち着いた北の街
またいつかこんな風に歩くことがあるのか・・・

野の花美術館では絵葉書など買った後スタッフとはや咲き出したヤマブキの花などを見ながらおしゃべり・・・
お財布を置き忘れ、駅に帰るバスの中で気が付いて慌てて戻った(>_<)
よそで落としてなくってほんとに助かった・・・
きっと戻ってこられると思ってましたよ~なんて、のんびりとした口調で言われて・・・
盛岡の思い出です。

この街の母なる山・岩手山(安比からの眺め)
b0066502_11371895.jpg

[PR]
by may158 | 2016-03-24 23:19 | 東北 | Trackback | Comments(14)

雪・月?花  (2015,3,28~4,1)

春休みになったらスキーに行こう・・・なんて中学生の孫と約束をしていたのですがいざ春休みに入ったらクラブ活動のテニスの試合があるとかでズルズルと日は延びて(>_<)
やっと3月28日からの5日間のスキー旅行となりました。

2月に行ったなじみの安比スキー場です。
孫は夏の安比に行ったことがあるもののスキーは初めて・・・
どうなることかとちょっと心配も(^^ゞ
案ずるより・・・で1日だけスキースクールに入ってのレッスンで何とか一緒に滑れるようになりました。
b0066502_20324912.jpg


晴天続きで気温も高く雪の状態はいいとは言えないのですがゆっくりと滑る分にはまあまあ(^^♪
b0066502_20401118.jpg

空いているゴンドラではピースサインごっこも(^_-)

4月に入って帰る日は小雨。
いつもは盛岡まで新幹線へのアクセスはホテルからの直通バスなのですが今回はローカル線
JR花輪線、単線の2両編成・・・
安比高原駅は無人駅でかわいい駅舎です。
あたりは何もない…人家も見当たらない山?の中・・・旅気分満喫です。
b0066502_20465431.jpg

右下は新幹線、盛岡では青森からのハヤブサと秋田からのコマチが連結して東京へ・・・
秋田からのコマチの車両に乗ることに・・・座席が2列・2列で普通の新幹線より狭い?

タイトルは雪月花・・・雪はクリアしましたがさて月は?
3月から4月にかけてという『月』またがり・・とでも(>_<)

そして花!
雪景色の中から帰った東京はまさに春爛漫!
桜は満開!コブシやユスラウメ、モクレンなどの木の花も加わってまさに桃源郷のよう
お天気のいいうちにと近くの遊歩道でお花見です。
いつも通る道で写真もほんの数枚を(^^ゞ
b0066502_20563746.jpg



b0066502_20571068.jpg

[PR]
by may158 | 2015-04-02 21:05 | 東北 | Trackback | Comments(8)

2月の旅・・・安比へ(2015,2,19~23)

いつもの安比スキーですが今年はちょっと帰りのルートが違って旅気分も(^^ゞ
大したことではないのですがいつもは岩手県盛岡経由の往復でしたが
安比のホテルから仙台まで直行バスが出るということで初めて利用!
新幹線なら30分ほどの所3時間かかりましたが東北自動車道の夕方の風景が楽しかった(^^♪
田んぼには白鳥の群れ、真っ暗な…車窓からは細い月が見えるだけの中を走り仙台の街中に入った時の賑わい!美しい街でした。
そこから新幹線で東京まで1時間20分ほど・・・


b0066502_11505385.jpg

お天気に恵まれて岩手山がよく見えました。

b0066502_122503.jpg



b0066502_123236.jpg



b0066502_124195.jpg


黄色い建物はゴンドラの山頂駅

b0066502_1242418.jpg



b0066502_1291229.jpg
キッズパークで

More わんこそば・・・体験~
[PR]
by may158 | 2015-02-26 12:15 | 東北 | Trackback | Comments(8)

今年も安比で  20014年、(2,6~2,12)

岩手県八幡平市の安比高原
スキーに通いだして15年になりますか・・・
スキー仲間が増えて再会を喜び一緒に楽しんできました。
もうみんな立派なスーパーシニア(^_-)
インストラクターについて熱心に習いながら・・・・いえ、怪我しないように後をついて滑るという感じなのですがね(^^ゞ

b0066502_11202654.jpg


b0066502_11214142.jpg


初心者コースで
b0066502_11234359.jpg

中級コースで
久しぶりにボーダーが多いと思いました。
b0066502_11243393.jpg


友人がニューッファションで、
相変わらずのメイのウェアですが今年はヘルメットを新調しました。
黒でちょっとうまそうに見えます(?_?)
b0066502_11271697.jpg


アフタースキー
メンバーズルームでは暖炉の火が赤々と。
夜の更けるまでスキー談義。
b0066502_11293086.jpg


ほとんどの仲間が70代、今回私が一番若い?
年々顔見知りが少なくなるのは寂しいことで。。。昨年までお見かけした誰彼の思い出話なども
しみじみと語り合って・・・
とにかく元気でまた一緒に楽しめますように!
[PR]
by may158 | 2014-02-14 11:34 | 東北 | Trackback | Comments(12)

初秋の福島、山形で

台風18号が発生したニュースは知っていましたがまだ近づくのは何日か先・・・ナンテ気楽に
9月13日から15日まで福島市の美術館や高湯温泉、蔵王と女性3人でドライブ旅行でした。

上陸した台風は日本縦断で豪雨と強風で刻々各地に被害の爪痕を残していましたが
東北は13.14日は晴れ、時々曇り・・・予定通りに回って15日はいいよ台風は東北へもということで
夕方には東京に戻りました。
高速東北道では少し雨にも会いましたが…何事もなく帰り、翌日の台風の凄さに1日遅れだったら大変だった・・・と身すくめました。

順序が違いますがまずは14日の蔵王です。
ここはネット仲間と2度も行ってとても懐かしいところ(^^♪梅雨明け暑い夏ばかりでしたが今年は秋の始まったお釜の風景です。1600m
b0066502_20205475.jpg


そしてみんなで登った熊野岳1841m、馬の背も見えて!
b0066502_20215328.jpg


前回は行けなかった刈田神社へも。
ここからの五色岳や馬の背。刈田岳1758m
b0066502_20235797.jpg


この後、宿のある蔵王温泉へ
早いチェックインを済ませて宿のそばのロープウェイで地蔵山頂駅1661mへ
ここから蔵王植物園を回って三宝荒神山1703mへ
そこからの眺めです。秋が始まってます(^^♪
b0066502_2033576.jpg

熊野岳方面への登山道が見えてます。以前この道を通り熊野岳・お釜へと歩いたことがあります。

蔵王地蔵尊、地蔵山とよばれる由縁。
ガマズミの赤い実やヤマハハコ、リンドウもたくさん咲いて(*^_^*)
b0066502_20365010.jpg


More 続きます
[PR]
by may158 | 2013-09-18 20:59 | 東北 | Trackback | Comments(6)

駒止湿原

6月24日、南会津のひめさゆりの里で優しくゆれ群生するひめさゆりを堪能して、
午後からは帰り道の途中、昭和村にある駒止湿原へ。
国の天然記念物指定を受けている小尾瀬とも呼ばれる小規模の湿原です。
毎年、この時期にバスツアーがあるのですがなかなか今まで行けないでいました。
やっと今回!
ワタスゲがちょうど見ごろでした(^^♪
b0066502_21344596.jpg


b0066502_21352266.jpg


b0066502_2136188.jpg


b0066502_21365036.jpg


b0066502_21372114.jpg


湿原の花たち
[PR]
by may158 | 2013-06-27 21:56 | 東北 | Trackback | Comments(8)

ひめさゆりの里

梅雨の中休みの24日
福島県南会津町の高清水公園のひめさゆりの群生地を訪ねました。

ヒメササユリ
山形県、福島県、新潟県の山岳地帯~亜高山の草地に生える高さ30から80センチの多年草。
花は淡紅色で香りがよく、横向きに咲く。
本州中部から九州に分布するササユリは良く似ているが、全体が大きく、葯は赤褐色。(山溪日本の高山植物から)

6月中旬から7月上旬までが開花期間国内最大級の群生地。・・・その数100万本とか。
7ヘクタールの草原に咲いてましたよ~

b0066502_1612978.jpg


b0066502_162487.jpg


b0066502_1624339.jpg

花弁にギザギザの見えるものもありました。
また色合いも濃いピンク、淡いピンクで私は見つけられなかったのですが白く咲いているものもあったとか・・・

b0066502_164267.jpg


b0066502_1643534.jpg


b0066502_165329.jpg


b0066502_1653572.jpg


緑一色の草原に見えますがここに咲いているのです。
大きな画面にすればよく見えるのですが・・・残念(^^ゞ
自生地ではこんな風にススキやワラビ、萩やその他の草と共存しながらでした。
[PR]
by may158 | 2013-06-25 16:09 | 東北 | Trackback | Comments(4)

千畳敷と十二湖・・・(ゆったりめぐる世界遺産・白神山地・・・)

10月20日、3日目は真っ青な空
紅葉の岩木山をぐるりと回って弘前側とは反対の日本海側へ
アップルロードと言われるリンゴ園の中の道をバスは進んで・・・
b0066502_20142418.jpg


日本海…北の日本海は津軽西海岸と呼ばれて穏やかな眺め
b0066502_20173857.jpg


もう一つの白神山地へのアプローチが海側からというのは意外でした。
のどかな漁村の風景です。
b0066502_20193369.jpg


深浦町の千畳敷
「日本の水浴場55選」「日本の夕陽百選」に選ばれているとか・・・
1792年の寛政の地震により隆起して出来た岩床の海岸。その昔殿様が千畳の畳を敷いて酒宴を催したことから・・・なそうです。
奇岩や潮吹き岩、ウミネコやカモメの海鳥・・・・
しばし山へ行くことを忘れてしまう・・・(^_-)-☆
焼きイカやウニなども売られていて。

b0066502_2028125.jpg


b0066502_20282672.jpg


b0066502_20285240.jpg


b0066502_20292765.jpg


b0066502_2030224.jpg


再び海岸線を走って海を楽しむ・・・
ローカル線の五能線が道路と並行して走って・・・道路よりはさらに海よりを~
鉄道マニアには人気の路線のようです。
土日には観光用の列車も運行されるようで展望のいい特別列車のようです。
b0066502_203509.jpg


b0066502_20353881.jpg

1日に数本の列車が通るだけなのですが運よく2両編成の列車が追いかけてきて(^^♪
よく空いているそうですよ(^_-)-☆
b0066502_20472736.jpg


b0066502_20475465.jpg

波のしぶきを浴びそうな近さに線路・・・・
いつか鉄道の旅もいいかな・・・なんて思う。

More  これより十二湖
[PR]
by may158 | 2012-10-27 20:49 | 東北 | Trackback | Comments(10)

白神山地で暗門の滝・・・(ゆったりめぐる世界遺産・白神山地・・・)

10月19日
世界自然遺産に登録されて以来、興味津々だった白神山地。
アプローチの形はいろいろあるようですがまずは青森県側の西目屋の暗門の滝とマザーツリーをたづねて!

その前に白神山地とは・・・・パンフレット(白神山地ビジターセンター)より転載ですが(^^ゞ
青森県南西部から秋田県北西部にまたがる山地の総称。
世界遺産への登録・・・人為の影響をほとんど受けることなく、しかも世界最大級の規模で広がっているブナ林が、日本で最初の世界遺産として1993年ユネスコに登録されました。

午前ガイドの案内でまずは白神山地の入り口と言われる暗門の滝へ(^^♪
ビジターセンターで200円でトレッキングポールを借りて出発です。
b0066502_16382570.jpg

クマゲラの生息地でもあるとか・・・

ブナの散策道より上がっていきます。
まだ紅葉は始まったばかり・・・明るい黄緑色の森
b0066502_16421382.jpg


森の中の渓流に出ていよいよ暗門の滝へ
岩場の細い道を1列になって・・・下は急流も。
b0066502_1743493.jpg


b0066502_1649641.jpg


b0066502_16495611.jpg


1時間ばかりでやっと暗門の第3の滝へ
この滝は3段になっていて下から第3、第2、第1となって上に行くほど落差が大きいとか・・
ここは22mほどの落差、水しぶきが冷たい・・・
何しろ「大人の休日」のツアーのわたしたちはここまでの行程で・・・ちょっと心残り(^_-)-☆
b0066502_1655672.jpg


今度はブナの森には入らずに渓流沿いにのんびりと帰ります。
渓谷から見上げる空の美しかったこと~
b0066502_1657086.jpg


フイっと出発点の水飲み場に出て
皆でブナ林の真水の美味しさを味わいました。
b0066502_1704365.jpg


午後はブナ巨木ふれあいの道へ、マザーツリーをたづねます。

More  マザーツリーへ
[PR]
by may158 | 2012-10-24 17:09 | 東北 | Trackback | Comments(6)

八幡平・・・(ゆったりめぐる世界遺産・白神山地 大パノラマ・八幡平)

こんな長い名前のツアーで10月18日から20日まで北東北を回ってきました。
今回も天気予報ははずれて雨具を一度も出すこともなく山歩きでした。
まだ晴れ女のかけらが残って・・・?(^_-)-☆

初日は何度か行っている八幡平!
以前にいっていたのと同じ日の10月18日。
まずは盛岡から八幡平アスピーテラインへ~

岩手山を左に見ながら進みます。
b0066502_15554813.jpg


b0066502_15592820.jpg

明るい黄色が目に飛び込んで・・・赤い楓やクマザサの緑・・・
ガイドさんによればペルシャ絨毯のよう・・・なそうで(^^♪
走る車窓から写して手振れも(-_-;)小さなサイズです。
b0066502_1602520.jpg


b0066502_1605723.jpg


八幡平山頂(1614m)、ここはもうすっかり紅葉が終わって寒かったです。3,4度の気温。
そこから下の風景。
b0066502_1632750.jpg


八幡平は岩手県と秋田県にまたがっていてこれよりは秋田県側へ
大沼・・・ここは初めて行きますが岩手県側と違って大きな木々の紅葉に包まれるように進んで
沼に到着!
八幡平山頂が寒かったのですこし下りた地点の気温にはホッ!(^^)!
歓声を上げ沼を回る~
b0066502_1685812.jpg


b0066502_1692090.jpg


b0066502_1694279.jpg

草紅葉も美しく!

More まだ続きます(^^ゞ
[PR]
by may158 | 2012-10-21 16:34 | 東北 | Trackback | Comments(14)