ピレネー大自然の旅 Ⅳ(2016,6,28,7,7)

b0066502_10582958.jpg


7月3日はテナ谷のパンティコッサから次の宿泊地ビエリアへの移動日です。
途中アラゴン王国のアインサに寄っての散策です。

高台に旧市街地がいまだそのままに残る・・・・中世のフランスに対する要塞の村。

高台へとバスが登って行く途中目に飛び込んできたのは古い要塞の石壁を背景に鮮やかな紫の大きな花、
アーティーチョークの花でしょうか・…天に向かって咲て。
ヨーロッパでもこのあたりが原産地とか・…つぼみを食べるのですが見事花になっているのでした(^^♪


b0066502_1115871.jpg

アインサ…スペインの美しい村に選ばれているアラゴン王国だったところ(11世紀)当時の要塞がそのままに旧市街地となっている可愛い村・・・人気の村でした。
サンチャゴ巡礼地で左上の黄色の立札がその印・・・
砦からの眺め・…当時のフランスに対しての要塞だったようです。

b0066502_1134491.jpg

要塞の一角にあるマイヨール広場のプレート・・・

b0066502_1143253.jpg

マリア教会のロマネスク様式の見えるマイヨール広場

b0066502_1151778.jpg

広場は花が窓に飾られる石造りの建物に囲まれて・・・そこから2本の石畳の通りが、ゆるくまがって伸びています。
中世の村そのままに
夏休みに入った中学生ぐらいの子たちがお店を覘いて・・・入らなかったのですが若いこのグッズでも売っているのか・・・


b0066502_117945.jpg



b0066502_1183245.jpg



b0066502_11193124.jpg



b0066502_11284562.jpg
広場の建物のアーケード内のレストランでご当地のお任せランチ
暑い日でからからに乾燥、…ビールやお店のサービスのロゼワインで乾杯~
典型的なスペイン?アラゴン地方の料理でしょうか。
生ハムやサーモンのマリネの前菜、エビのフリッターや特産のソーセイジ、タパス、そして日本でもおなじみのパエリア・・・・一人分づつ盛られて出てきました。
これはほんとにおいしかった(^_^)/
そして最後はデザート、大きなパンもつきました。
たっぷりのランチの後は村を見学するのが億劫に(^^ゞ・・・
スペインのシェスタ(昼寝の習慣)の存在理由???がわかったような。
そんなわけで美しい村の散策画像は写しそこなったよう・・・((+_+)
私たちの隣のテーブル…静かに食事、ボーイさんがこちらのテーブルが気になっているようでした!
b0066502_1173299.jpg


b0066502_11345879.jpg
要塞の入り口ではギターを弾く人・・・いい声で歌います。
吟遊詩人と呼ばれたのはこんな人だったのか…中世(日本では奈良時代から…)の村で思いました。
[PR]
by may158 | 2016-07-21 12:31 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://may158.exblog.jp/tb/26034202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ララ at 2016-07-24 15:09 x
中世の石作りの街を、すんなりとした長い足で闊歩する若き女性。
ヒラヒラとゆらぐTシャツをちょっと眺めて、どれか孫に買おうかな?なんて
思い起させて(~o~)

本場のパエリアおいしそう!
ギターを奏でて歌う声が聞こえそうな...♪
いいですねえ~のどか~
そりゃあ、眠たくもなるってものです(~o~)
お花がきれいに飾られてますね。
ヨーロッパはどこへ行ってもお花がいっぱいで見上げるのが楽しいですね。
Commented by ekocyan2 at 2016-07-24 21:25
メイさん、ビレーネ大自然の旅Ⅲ,Ⅳ凄く楽しく拝見しました。
見はじめの花々、名前も聞きはじめ、景色もワイルドですね。
ブナ林、素敵です。歩き続けたい衝動に駆られます。
中世の街並みも若者ともマッチして素晴らしい。石の文化をまざまざと感じ
させてもらいました。訪れたスペイン、アンダルシア地方とは異なりとても良かったです。
ありがとうございました。
Commented by yumerodo at 2016-07-24 23:32
メイさん
ピレーネ大自然の旅Ⅲ~Ⅳ~Ⅴ 何回も拝見してました。
中世って素晴らしかったのですね、石造りの街並みが花々で飾られて素敵ですよ(⌒^⌒)b
パエリアの美味しそうな事、デザートもたっぷり、ロゼワインを口に含み♪♪
映画のシーン、緩やかな時が流れて楽しい旅! わたしも優雅にご一緒させてもらいました。
ありがとう御座いました。
Commented by may158 at 2016-07-25 09:50
ララさ~ん
若い女性はもう皆すらりと素敵!
でも子供がいるころになると皆限りなくふくよかになるようですね・・・まぁうちの長女もそんな感じだけど(>_<)
お店らしきところもちらほら・・・でも外があまりにも真っ青な空で明るいので中が暗く見えて入らなかったですよ~
石造りの家って窓がとにかく小さい。加えて照明も日本と比べたら暗いですね~

外でいただく食事はことのほか美味しく感じましたよ~
皆で大皿から取り分けて…パエリアだけは1人前で出てきて、ワイワイ&乾杯、もう午後の散策なんてどうでもよくなってね(^_-)
この後シェスタ…なんて心地よいはずですね~

窓辺のゼラニュームがどこもきれいでした。
赤い花って石の壁によく映えるのね~
いつもありがとう(^^♪
Commented by may158 at 2016-07-25 09:58
もみじさ~ん
ありがとうございます!
スイスやニュージーランドなどと比べてもピレネーはワイルド?山の奥に来たな~と感じるほど・・・自然そのままの風景でした。
ヨーロッパブナ、日本とはちょっと違って・・・若いブナの苗は日光が当たると育たないそうで…すごく密生してましたよ~
幹が白いのも美しかったです。
ふふぅこの森をさまよいたかった(^^ゞ

中世の町ののんびりさ加減…私の性に合っているようでした(^^ゞ
でもいつかアンダルシアやマドリッドも見たいな~なんて・・・そうでないとスペインを勘違いしてしまう恐れが(^^>”
Commented by may158 at 2016-07-25 10:06
夢さ~んおはよう~(^^♪
何度も?ありがとう~
中世、奈良時代辺りから始まっているのですが石の文化、建築は長持ちしますね(@_@)
でもやはり…素朴でその分親しみやすい石の村~

お料理は盛り付けなど繊細?とは言えなくどっさりと!
それがとてもおいしくって、飲み物もまた(^^ゞ
20人中、男性は4人だけ・・・でも皆花好き歩くの大好きでいい旅仲間でした(^^♪
Commented by sibuki25 at 2016-07-25 16:28
メイさん
花を飾った石造りの家、街並いいですね~
短期間でいいからのんびり過ごしてみたいわ、、
美味しい食べ物、お花 三昧で(*^_^*)
お部屋はどんなでしょうね、
夏は涼しく冬は??

スペイン、ピレネーの旅 有難うございました。
Commented by may158 at 2016-07-25 20:11
ともこさ~んこんばんわ~(^^♪ヨーロッパで見る窓辺の花はどこもゼラニューム!
みごとに咲いてますね~
気候がよく合うのか・・・・
わが家でもウィンドウボックスに植えているのですがこうはいきませんで(^^ゞ水遣りが上手くない・・・・?

見た目素朴な感じの食事でしたがよく口に合って助かりましたよ~

ホテルは心地よいアメリカンスタイルが多かったのですがさて一般の石の家はどんなふうなのか・・・
ロマネスク様式の教会などは窓がほとんどない…感じでしたよ~
その分外での食事などが多いのかな…?なんて思いました。
オープンカフェのスタイルが多いですよ。
これから最後のハイキング、国立公園があります。
また見て頂けたら…なんて思ってますよ(^^ゞ
ありがとう~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ピレネー大自然の旅 Ⅴ (20... ピレネー大自然の旅 Ⅲ (20... >>