ピレネー大自然の旅 Ⅲ (2016,6,28~7,7)

3回目。7月2日
今回からスペインピレネーでのハイキングになります。

テナ谷、長い名前のピエドロイータ―村から隣のチラマカスティージャという村まで!石造りのの小さな村からの出発
b0066502_22564410.jpg

中世のころからの魔女伝説も多い所とか(*_*;

ピレネーの山並みを向こう側にワイルドフラワーの咲き乱れる野の道を進みます!
b0066502_2259346.jpg


エキュウムが咲いてモウズイカ(バーバスカムとも)もあちこちで見かけます!
エリンジューム、カンパニュラ、アザミ、ノバラ・アストランティア、ナデシコの仲間、キンポウゲとにかくいろいろ咲いてます。マルタゴンリリーも(^^♪
b0066502_2344622.jpg
エリンジューム
b0066502_236233.jpg
モウズイカ

やがてヨーロッパでは屈指といわれるブナ林へ!今回のハイライトです!
b0066502_2391290.jpg

森の入り口では皆歓声を上げてましたよ~ふかふかのしっとりとした落ち葉の上を歩く心地よさ・・・

ヨーロッパブナでしょうか…日本とまたちょっと違って・・・?

こんなナス科の花も美しく~オオマルバノホロシ
b0066502_23211919.jpg

林床には艶のある葉が…なんとクリスマスローズが自生しているのでした(^^♪
b0066502_2312990.jpg

b0066502_23135524.jpg

思いがけず…クリスマスローズの自生する姿に会えて感激でした。古くから我が家にもある…と同じ種類です。
美しい森を後ろ髪惹かれる思いでぬけるとなんとマッチョなスペイン男性たちが!
森の整備でもする人たちでしょうか・・・同行の一人が勇敢にも写真撮影を頼んで(>_<)
b0066502_2319089.jpg


 moreに午後の散策が続きます






遅いランチ、2時過ぎなのですが隣村のさらに隣、湖を見下ろすホテルのテラスでバーベキューランチ。
気持ちの良い風に吹かれてビールやワインがぼんぼんあけられて…皆さんお強い(^_-)
b0066502_2333243.jpg


湖のほとりの小さな村の散策
エルダーツリー(西洋ニワトコ)の花が満開~
b0066502_23351834.jpg


500人ほどの人口の村・・・広場
b0066502_23363413.jpg


可愛い看板も
b0066502_23413836.jpg

[PR]
by may158 | 2016-07-16 23:25 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://may158.exblog.jp/tb/26020103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ララ at 2016-07-17 11:10 x
舌を噛みそうな村の名前~(~o~)
石作りの家は夏は涼しく冬は暖かい、とスペインの友人が
言ってました。
そして食べる事が第一で、それも家族総出でおしゃべりをしながら、
なんてしょっちゅうだから太ってしまった、と。
ご一緒の皆様も健啖家揃いかな(*^^)

見た事もないめずらしいお花。名前は私には覚えられませ~ん(>_<)
マッチョなスペインの男性。私なんかヒョイと持ち上げられそうだわ(~o~)

日本のブナと比べて大きい?感じがしますが。
ほんとにスケールが違いますね~素晴らしい!!!

昨日、今日はお祭りで朝から花火が。
息子夫婦から、我が家の近くのインドカレーが食べたいと。
孫はスイミングクラブの合宿、久々に大人だけのひと時です。
Commented by may158 at 2016-07-17 16:31
ララさ~ん、ほんと名前が長くって全く馴染のない言葉ばかり~
もうどこへ行ってたのかチンプンカンプンでしたが添乗員さんの旅行記とルートマップが届いてホッ(^^ゞ
早速引用してますよ。
石造りの家、メリットが大きいのでいまだ使われるのでしょうね~風景としても素敵ですし!
そうそうピレネーで見るマンマ達のもう体格の立派なこと~でも男性は意外とスリム…どうしてかしらね。
家々日本人はもう半ぶっびょり食べられない…完食はデザートぐらい・・・?

花が至る所に咲いて嬉しかった(^^♪
野にこれだけ咲くと家々では薔薇を植えるくらいしかない?赤いバラがよく植えられてました。
突然半裸の男性たち・・・・男の子を育てたことのない私はびっくり、ドキドキ。皆フレンドリーでした。
村では全く人に会わなかったのですが・・・ね。

ブナの森は谷底だから皆上へ上へと延びるからスマート?
もっとゆっくりと散策したかったわ~

夏祭りですが~
ふふぅ我が家も今日はカレーと娘がナンを焼きましたよ。でもうまく膨らまない(>_<)、食べましたけどね・・・
お孫ちゃん夏休みですか?お元気で何より~
わが家でも合宿や日光の林間学校があるようです。
いつもありがとう!
Commented by may158 at 2016-07-17 19:11
あらっま~(^^ゞ
変換ミスでした!
家々日本人はもう半ぶっびょり食べられない……→いえいえ、日本人はもう半分より食べられない・・・でした。
最近の困った現象です((+_+))
Commented by mikimari6 at 2016-07-18 21:25
可愛い佇まいの村を通過しながらワイルドフラワーいっぱいの野道…
エリンジューム素敵!!アストランティアやマルタゴンリリーも咲いていたのですね〜!
スイスのハイキングが思い出されます。
スーッと伸びたブナの木々の美しい事、クリスマスローズまで自生しているなんて、
目の前にしたメイさんの感激が想像できますよ(^_−)−☆
山や湖を眺めながらのランチも楽しかった事でしょうね、ワイン、ビールも格別な美味しさで(o^-^o) ウフッ

石造りの家や橋って本当に絵になりますね〜! 何もかもいいなぁ〜って楽しく見せて頂きました♪
Commented by may158 at 2016-07-19 10:27
まりさ~ん、おはよう~
そちらは梅雨明けのようですね。こちらはまだなのですが暑いですよ(^^♪
ほんとに人っ子一人通らない田舎道、花がたくさん咲いてもう嬉々として・・・
そして森の中、魔女伝説にちなむ石造りの家々、国は違うけどヘンデルとグレーテルの世界???なんて楽しみましたよ。
スイスよりワイルドさが強い…好みでした(^_-)

クリスマスローズの故郷?なんて思ったり、木漏れ日の当たるところで咲くのはちょっと大きめでしたよ。
ブナ林も小道がいろいろと通じていてそんな中を回りたかったのですがランチの予約時間があるので一本道を通るだけ、心残りでした。
ハイキング後のビールやワイン美味しいですね~

ワールドからごお疲れ様の電話が入って1週間から2週間後、疲れが出ますから・…なんて(>_<)
今まさにそんな中ですよ・・・
ありがとう!
Commented by asobotei at 2016-07-19 16:10
石造りの家、石造りの橋・・歴史を感じさせるヨーロッパ風景ですね!
きれいなブナ林!
ブナといえば大きく枝を広げた姿を想像しますがちょっと異なるような・・
でも、たくさんの落ち葉は日本のブナそのもののような・・

いろんな花も咲いているんですねえ~
日本では山よりむしろ花屋さんの店先で似たような花が見られるような感じ!
ナス科の花はヒヨドリジョウゴの花そっくりですね!
楽しませていただきましたよ~
Commented by may158 at 2016-07-19 20:01
こんばんわ~、
石の家は700年ほど経ったものが残っているようで今風の建材での家は見かけませんでしたよ~
今でも石造りになるようです。
最もピレネーは岩山それが崩れて麓にたくさん積もって???ました。

谷底のような地形ではブナは上に伸びることで陽を浴びるのでしょうね。
どれもスマートでしたよ。日本でいうブナの2次林の感じ・・・
日当たりにポツンあるような樹は結構枝を広げて実もついてました。
木肌が白くって白ブナ?なんても思いましたが写真ばかり撮ってガイドの説明をよく聞いてなくって(^^ゞ

花はすごかったですよ~
日本では花屋さんでよく売られているものも・・・・
ヒヨドリジョウゴですか?なんだか見たことがある…とは思っていましたよ~
ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ピレネー大自然の旅 Ⅳ(201... ピレーネ大自然の旅 Ⅱ (20... >>