ピレネー大自然の旅Ⅰ (2016,6,28、~7,7)

いつもの旅行社からピレネーのハイキングにどうですかと誘われて・・・
そういえば子供のころに聞いた歌

ピレネーの山の男は いつも一人
雲の上で
霧に濡れ 星を数えて♪

こんな歌詞がメロディと共に浮かんであら、ロマンチック!・・・行ってみようかなと。
ちょっと遠かったのですがフランス・スペインとにまたがるピレネー山脈の山麓や中腹のハイキングを楽しんできました。

最初の大自然はフランス、ガヴァルニー圏谷、カールと呼ぶにはあまりにも大きいのだそうで…でもカールですよね(^^ゞ 6月30日のことです
2連泊のホテルはこのカール真正面に面して!(クリックで)
b0066502_16233037.jpg


翌朝はガイドの案内でさっそく奥の大滝までのハイキング、往復4時間ばかり・・・
小川沿いの道からスタートです。
b0066502_16253670.jpg


沢山の花々が咲き乱れる道の両側、早くもマツムシソウが一面に
ロバやウマに乗ってのハイカーも?皆フレンドリー(^^♪
b0066502_16283173.jpg


そして美しい森の中へ!青いゲラニュームも咲いてます。
ここには世界遺産の碑もありました。国立公園でよく管理されています。
b0066502_16302923.jpg


やがて滝のよく見える展望台へ!
ここの山小屋でランチの予定でしたが7月1日からの山開き前で営業していなくトイレも使えない・・・
ガイドが連絡してなんとかやっと午後に売店とトイレは使えるように・・
でもみんなニコニコ(^_-)
b0066502_1634295.jpg


滝の傍までは小川もあってその中の石を渡っていくのですがここでは私を含む3人だけがガイドと共に・・・
滝の近くではヤギも!
b0066502_16421256.jpg


アルペンローズの咲く傍らに座ってお弁当代わりのお菓子や飲み物を!
ホテルの朝の食事が充実していて皆タップリと食べているのであまり空腹は感じないのでした。

滝を見た後はゆっくりとホテルまで戻りますが道々の花が楽しく~(*^_^*)
初めて会った花だけですが
セントポーリアが岩に張り付くように咲いて! (後で旅行パンフなどではイワタバコの仲間と出ているのを見ましたした)そちらが正しい?
アフリカ原産なのですがフランスではここだけで咲くとか・・・自生地での初見。

b0066502_1648357.jpg


b0066502_16493396.jpg

サクラソウの仲間も

一面のキンポウゲ、いろいろな花の咲く草原と…ハクサンチドリやミズチドリなどのランも・・・
b0066502_1651479.jpg


そんな中に子供をロバに乗せたこれから登るファミリー
気持ちよく撮影をOK-してくれて(^^♪
b0066502_16542691.jpg

  
雪解け水の独特な色で流れる小川の畔はレースフラワー・・・
b0066502_16563073.jpg


山岳ガイドのスペイン人、ロカ、ピレネーの山の男???
b0066502_2012093.jpg

 
moreには前日のサンチャゴ巡礼路の町、サン・ベルトラン・ド・コマンジュの散策の様子など。







初日、フランス、シャルルドゴール空港から乗り継いでポーという街に・・・の予定でしたが
なんとシャルルドゴール空港では管制官のストライキに会って飛行機が飛ばない・・・・どうしようなんてことになりましたが4時間遅れで何とかポー市にへ夜遅く着きました。
翌朝はスペインのバス会社のチャーターバスでさっそく近くのサン ベルトラン コマンジュというサンチャゴ巡礼の街へ。6月29日のこと。

中世のたたずまいそのままのロマネスク様式の教会を囲む町
高台にそびえる教会まるでお城のようです。


b0066502_20442883.jpg


b0066502_192233.jpg


宗教的なことには疎くってまた思い出して書き足したいと思います(^^ゞ

中世の町は魅力的でした。古い石畳、曲がりくねった道、いつだったか絵葉書で見たことがあるような風景。


b0066502_1974496.jpg


b0066502_1994418.jpg

まるで道案内でもするようなワンちゃん、ズ~ッとついて回って可愛かったこと(^^♪


b0066502_19251226.jpg

この町でたった一軒開いていたレストラン。いろいろなツアー客で混んでましたがおいしいランチにありつけました。
前菜のサラダ、これだけでもう十分、あとの肉料理はほとんど手付かず(^^ゞ
西洋人の体格の良さには圧倒されますが彼らは平気でペロリ、
うらやましいというか、うらやましくないというか・・・
[PR]
by may158 | 2016-07-10 17:01 | フランス | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://may158.exblog.jp/tb/25999415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yumerodo at 2016-07-10 21:55
メイさ~ん 素晴らしいところへ行って来られましたのね(^^♪
BSの「世界大自然めぐり」を観てるようです。
中世の町 古い石畳、曲がりくねった道 わ~本当に絵葉書みたい!惹きつけられます(^ー^* )
ロマネスク様式の教会なんて~良いなぁ~~まだまだ続きが? 楽しみ楽しみ<(_ _*)>
Commented by may158 at 2016-07-11 08:59
夢さん、おはよう~(^^♪さっそく見て頂きありがとう
海外に行っても山ばかりにいてあまり街歩きしたことが無かったから中世の町って
面白かったですよ~
なんだかのどかで静か・・・
スペインはことに親しみやすくって、外国にいる緊張感がなかったですよ~もっとも山脈のふもとも田舎の町だから・・・
午前ハイキング、午後は山の天気も変わるので町散策のパターンでした。ロマネスク10世紀から12世紀ぐらいの間の建築様式で日本でいえばどの時代???
まだまだありますから見て下さいね~(^^ゞ
美和ちゃん大変でしたね。でもすっかりお元気になられた?
赤ちゃんのときっていろいろありますけど心配でしたね~
元気にまたすくすくと・・・・孫たちの時を思い出してますよ
Commented by sibuki25 at 2016-07-11 15:14
メイさんお帰りなさい

ピレネー山脈名前だけは知ってました、その程度の知識でしたが
メイさんの写真できれいな所なんですね、
残雪の山々と滝、街並みも素敵ですね~
たくさんの珍しいお花も。
ファミリーのほのぼのいいショット。
わたくしなどもう行けません。行ったつもりで楽しませていただきました。

「ピレネーの山の男」むかしこの題名の歌があったような、懐かしいですね・・
Commented by asobotei at 2016-07-11 15:52
さすが大陸!
ピレネーも雄大で素晴らしい景観ですねえ~
幾筋もの滝は雪解け水が流れ落ちるのでしょうか、大きな滝はホテルからも見えていますね。
その滝の近くまで歩いたのは3人だけ!
さすがメイさん、健脚でいらっしゃる!!!
花々もたくさん!
セントポーリアって花の名前だったんですか~(=^_^;=)
街はまるで中世に遡ったかのよう!
これぞ”ヨーロッパ”ですね!!!
続編も楽しみです。
Commented by akinosemi-2 at 2016-07-11 19:47
メイさん、こんばんは~幸運ですね~。大自然と人の少ないこと!
こんな風景の所を歩きたいものです。もうこちらで楽しませていただくことぐらいですね。
ピレネイの山の男は~この歌私も知っていますよ、昔、むかし、ラジオ歌謡という番組で聞いたような~~
今日は暑い一日でした、名古屋で食事会、和食がよくなっています。
また続きも待っています。
Commented by may158 at 2016-07-11 21:35
ともこさ~ん帰りました(^^♪
まだここはフランス側のピレーネですが世界遺産さすがにきれいでしたよ~

私もピレーネはスペインの山だとばかり思っていましたが実はこの呼び名はフランス語でスペインとの国境、二つの国にまたがっていました(^^ゞ
行くことが無ければそんなことも知らなかったですよ。
人々もあまり大きくなくって人懐っこかったです。
花も岩山にひっそりと咲く感じが多くて好みでした(^^♪

今回の旅は飛行機が長かったです。私もいつまで行けるかな~なんて思うようになって(>_<)
ピレネーの山の男の歌、やはりご存じでしたか・…ふふぅ同年代ですね!(^^)!
ありがとう~
Commented by may158 at 2016-07-11 21:46
阿蘇望亭さん、イベリア半島のスペインですがれっきとしたヨーロッパ!
でもアフリカ大陸からの影響も大きくてヨーロッパとしては特徴がありますね~
行ってみて実感でした(^^♪
ここはホテルのあたりがすでに1300m、ちょっとした高地、滝は400mほどの落差で周りの山は3000m級が連なっています。
谷底からカールの絶壁を見上げるという感じ…珍しい花との出会いが魅力的でした。
もう張り切って川面ピョンピョンわたりましたよ~(>_<)
おかげで疲れから?いまだジェットラグが残ってます・・・
中世からの小さな町(300人程度の)があちこちにあって…石造りの建物はいつまでも存在できるのですね。
Commented by may158 at 2016-07-11 21:56
秋の蝉さん、ありがとう~(^^♪
毎日ハイキングや街歩きの間は晴れてとても幸運でしたよ!
まだ山開き前だったからでしょうか…ハイカーも少なく…山のホテルからのハイキングでしたから朝でまだ人が登ってこない時間ということもあります。
あの歌はラジオ歌謡でしたか~(^^ゞ
あの部分の歌詞とメロディより知らないのですが子供心にいいな~と思ったものです。

今日は暑かったですね!和食でさっぱりと?
スペイン料理いがいに口に合って美味しいと思いましたよ~
これからスペイン側のピレネーになりますから見てくださいね、よろしく~

また月下美人が咲きますよ!これで5個目です(*^_^*)
Commented by ララ at 2016-07-12 10:50 x
ピレネー山脈にお出かけでしたか!
耳にした事はありますが、全く詳しい事は知りませんでして~(^_^;)
素晴らしい景観ですね~!!!
花と緑と中世の街並み、これははるばる飛ばなくては体験出来ません(*^^)v
もう海外は無理な私、こちらで存分に楽しませて頂きます!
シリーズ楽しみですよ~♪
Commented by may158 at 2016-07-12 19:50
ララさ~ん、こちらにもありがとう~
ララさんも北海道旅行楽しまれてよかったですね!
ほぼ全道制覇?かしら(^^♪
ピレネー今まだはてっきりスペインの山とばかり思っていて孫達にもスペインへ行ってきますなんて(>_<)
全く知っているようで知らないことばかり~
中世がそっくり残って、400キロMに及ぶ山脈ということで交通の便がよくなくって昔ながらの街?村?が残っているようですよ。
今は大プロジェクトで高速道ができて…これから観光ブームになるかしら。

私も海外旅行はだんだんきつく感じていますが…なんとかもう少し行きたいところも(^^ゞ
それを目的に元気で居ようかしらね~(^_-)
まだまだ続きまきます、よろしく~(^^>”
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ピレーネ大自然の旅 Ⅱ (20... 新潟花めぐり   ② (201... >>